[F1]フェリペ・マッサは順調に回復、代役は誰に?

フェリペ・マッサの容態ですが、順調に回復しているようです。
彼の主治医ディノ・アルトマンは
「彼の容態は急速かつ一貫して改善している。目を覚ますことが多くなり、よく反応している」と述べた。
「彼は今日、3ヶ国語を使って何人かに話しかけ、常に筋の通った返事をしている。理学療法も進みしつつある。左目を開け、見ることができると確認した。近い将来に関しては用心しなければならないが、今日も非常に前向きな兆候があると言ってもよいだろう。」

28日午前、ステファノ・ドメニカリがブダペストを再訪した。
「励みになるニュースが聞けて嬉しい。フェリペに話しかけたがとても感情が高ぶってしまった。彼はわたしのことがわかった。フェラーリの全員と世界中のフェラーリ・ファンからのメッセージを届けた。彼に、またレースができるようになるまで彼の赤いマシンは待っていると伝えた。一歩ずつ慎重に進む必要があるが、事故後わずか3日でこれほど回復するなんて本当に信じられない」
(マッサ、さらに回復: フェラーリ公式サイト : F1通信より)
ハナシが出来るまでに回復してるようです。
心配されて左目の視力についても、今の所は問題ないとのこと。
ただ、グランプリへの復帰については、今シーズン中の復帰については「まだ分からない」と慎重なようです。
そうなれば、マッサの代役は誰になるのかが話題になってきます。
先日書いたように、フェルナンド・アロンソが話題に上っていますが、ルール上問題なしとしても、契約上は不可能と思われます。
ミハエル・シューマッハが復帰するのではないか?というハナシもありますが、彼のマネージャであるウィリー・ウェーバーは否定、
「バレンシアのレースで誰かがマシンに乗るとしても、それはミハエル・シューマッハではない。100%確実、いや200%確実だ」

「彼にかかるプレッシャーはとても大きなものになるだろう。彼は優勝を期待されるだろうが、このマシンに乗ったことさえない」

「ミハエルがレーシングをしていたとき、彼はできるだけ完璧を目指していた。しかし、今回の場合は完璧なものにはならないだろう。ギャンブルだ。それはミハエルのスタイルではない」
(ミハエル・シューマッハ マッサの代役の可能性はなし 【 F1-Gate.com 】より)
ということで、望み薄。
となると、リザーブドライバーである、マルク・ジェネ、ルカ・バドエルのどちらかがステアリングを握ると思われますが、レースから遠ざかっているので、微妙というハナシもあります。
ほかには、ジャック・ヴィルヌーブ、セバスチャン・ブルデー、ニコ・ヒュンケルベルグの名前がウワサされています。
ジャックはF1復帰を望んでおり、ハナシがあれば前向きに検討するはずです。
父であるジルが駆ったフェラーリを操縦となれば話題性十分ですな。
S.ブルデーはマネージャーがマッサと同じ、ニコラス・トッド。
N.ヒュンケルベルグのマネージャーはシューミと同じ、ウェバーとのことで名前が挙がってるようです。

マッサの回復ぶりには目を見張るものがありますが、次戦ヨーロッパGPでの復帰は難しそうなので、誰かがスポット参戦するでしょうから、夏休みはこの話題で持ちきりになりそうやね。

マッサ、さらに回復: フェラーリ公式サイト : F1通信
マッサの容態にバリチェッロ、『神に感謝』: FMotorsports F1
フェリペ・マッサ 視力に問題なし 【 F1-Gate.com 】

ミハエル・シューマッハ マッサの代役の可能性はなし 【 F1-Gate.com 】
F1キンダーガーテン : マッサの後任ドライバー候補が続々

Technoratiのタグ : , ,

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて