タタ「ナノ」登場!!

インドのタタ自動車は1台約11万ルピー(約22万円)から購入できる小型「ナノ」の納車が始まったようです。

17日に商都・ムンバイで行われたセレモニーでは、タタのラタン・タタ会長が「インドの人々に車を運転する喜びをもたらすことを希望する」と述べ、3人のドライバーにキーを手渡しした。

ナノはタタが2003年に開発に着手した。排気量は624ccで、最高時速は105キロ。
運転席側だけしかドアミラーがないなど、簡素な作りが特徴だ。
約22万円という最安価格は、インドで市販されている小型車の半額程度という。
(待ってました!22万円自動車「ナノ」発進(読売新聞) - Yahoo!ニュースより)
ということで、とうとう納車が始まったようです。
どんなクルマなのかというと、
価格は、エアコンなどがついていない最も安い型で10万ルピー(税抜き、約20万円)。
全長3.1メートル、高さ1.6メートルのガソリン車(624cc)。
最高スピードは時速105キロで、燃費は1リットルあたり23.6キロ。
二酸化炭素の排出量は1キロ走行あたり101グラムで、インド市場では最少という。
デラックスモデル(エアコン、パワーウインドウ、パワステ等装備)でも18万5,375ルピー(約35万6,000円)。
片側だけのドアミラーとか、日本では車検はムリでしょうねぇ・・・。

タタは他にも面白そうなクルマを開発してるようですな。
エアカーは究極のエコだと思うので、ぜひ開発を進めて欲しいところです。

待ってました!22万円自動車「ナノ」発進(読売新聞) - Yahoo!ニュース
22万円の自動車「ナノ」発進! 最高時速は105キロ運転席側だけしかドアミラーがないなど、簡素な作りが特徴だよ!:アルファルファモザイク
試行錯誤のすぱいらる: タタ、「Tata Nano」の販売を発表

Technoratiのタグ : , ,

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて