イー・モバイル、HSPA+サービスを7月24日から開始

イー・モバイルは受信最大21MbpsのHSPA+サービスを7月24日(金)から開始すると発表しました。
またサービス開始に伴い、D31HWの発売も開始されます。
HSPA+サービスは、W-CDMAの高速化規格で、従来のHSDPA/HSUPAをさらに高速化したもの。
下り最大21.6Mbps/上り最大11.5Mbpsのデータ通信が利用できる。
同サービス向けの料金プランは「スーパーライトデータプラン21」「データプラン21」の2種類。
スーパーライトデータプラン21は、月額基本使用料580円~5,980円の2段階定額制プラン。
データプラン21は、月額5,580円の定額プラン。
(イー・モバイル、24日よりHSPA+サービス開始 - 対応端末「D31HW」も発売 | 携帯 | マイコミジャーナルより)
ということでUQ-WiMAXに対抗すべく、HSPA+を投入してきました。
下り21Mbpsってのは非常に魅力的なスピードです。
ただエリアがなぁ・・・。
#姫路は2009年12月迄の予定にも入っていないorz

「D31HW」(Huawei製)はUSBスティックタイプの端末で、初期費用は税込41,980円(ベーシック)、または17,980円(新にねん)。契約中ユーザならD31HW端末のみの買い増しも可能。
HSPA+(最大受信通信速度: 21.6Mbps、最大送信通信速度:5.8Mbps)に対応、スライド式コネクタを採用し、キャップレスを実現した。
また最大16GBのmicroSDHCTMカードに対応するカードスロットを搭載し、メモリカードとしても利用可能。
(イー・モバイル、HSPA+データスティック「D31HW」を8月上旬より発売 ~ 最大21Mbps受信に対応:RBB TODAY (ブロードバンド情報サイト) 2009/07/15より)
ということで、送信スピードは5.8Mpbsとのことですが、十分なスピードですな。
写真や動画のアップロードに強みを発揮できそうです。
にしても、買い増しっていくらかかるんでしょうかねぇ・・・。
買い替えとかもイー・モバイルに確認しておこうかね。

あとはエリアの広がり方でしょうね。
もともと田舎に弱いってイメージがあるからねぇ・・・。
前にも書きましたが、2010年2月で2年縛りが解けるので、これからの身の振り方を考えています。
  • 自宅の地デジ対応もあるので、自宅は光(フレッツ or eo)
  • ケーブルテレビへ乗り換え(WINK)
  • エリア次第でUQ-WiMAXへ
  • エリア次第でイー・モバイル続投
まだ時間に余裕があるので、じっくり考えるとします。

イー・モバイル、7月24日より受信最大21MbpsのHSPA+サービスを開始:ニュース - CNET Japan
イー・モバイル、24日よりHSPA+サービス開始 - 対応端末「D31HW」も発売 | 携帯 | マイコミジャーナル
今までより3倍速い:イー・モバイル、下り最大21MbpsのHSPA+サービスをスタート――7月24日から - ITmedia +D モバイル
イー・モバイル、受信最大21Mbps データ通信サービスの提供開始日を7月24日に決定 - japan.internet.com 携帯・ワイヤレス
イー・モバイル、HSPA+データスティック「D31HW」を8月上旬より発売 ~ 最大21Mbps受信に対応:RBB TODAY (ブロードバンド情報サイト) 2009/07/15
ASCII.jp:イーモバの21Mbps通信サービスHSPA+、24日提供開始

国内初、HSPA+ 受信最大21Mbpsデータ通信サービスを7月24日(金)より提供開始対応端末 データスティック「D31HW」も同時発売|イー・モバイル株式会社|企業情報

Technoratiのタグ : , ,

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました