[F1]2010年のF1はGPS付きらしい

2010年のF1マシンにはGPSが搭載されるようです。
F1の全13チームが、FIA(国際自動車連盟)から約6万ユーロ(約750万円)の請求書を受け取ったようだ。

これは、FIAが今シーズンに向けて採用した新システムに関するもの。
FIAはスチュワードによる裁定に非難が続いたことを受け、超高性能GPSシステムを全車に搭載することを決めた。
(2010年F1、全車が超高性能GPSを搭載 | FIA | F1 TopNews)
で、なぜGPSを搭載するのかというと、
GPSは、各ドライバーの1メートル未満の正確なポジションをレースディレクターへ送信する。

これにより、スチュワードは、シケインカットやフラッグ無視、違法なオーバーテイク、ライバルへの妨害、ピットレーン出口のホワイトラインカットなどの違反を判断するためにより良い情報を得ることになる。
(FIA、全F1マシンへのGPSシステム搭載を計画 【 F1-Gate.com 】より)
ということで、違反を判断するための判断材料として利用されるようです。
これでまともな裁定が行われることを切に願います。

F1チーム、FIAから技術システム代金を請求される : F1通信
FIA、全F1マシンへのGPSシステム搭載を計画 【 F1-Gate.com 】
2010年F1、全車が超高性能GPSを搭載 | FIA | F1 TopNews: 2010年F1新車と契約情報をLive速報 - F1トップニュース

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました