[F1]予算キャップ制撤廃ならマノーは参戦白紙を検討、カンポスは問題なし

FIAとFOTAのゴタゴタに巻き込まれた感のある新規参入チームですが、予算キャップ制度が撤廃となった場合の対応がそれぞれ異なるようです。
マノーは、
マノー・グランプリのジョン・ブース代表は、
「われわれが参戦条件を検討した時点では、FIAは厳格なチーム予算制限案を示していた。
それなのにその後一方的にその参戦条件が変更されるというのは承伏しがたいことだ。
こんな流動的な状態で、きちんとした参戦準備ができる筈がない」と、憤りをみせた。

今後示される条件によっては、参戦が白紙になることも止むを得ないとも語っている。
(新規参戦チーム、「チーム予算制限撤廃なら参戦白紙も」: FMotorsports F1より)
と、参戦を撤回する可能性を示唆しています。
カンポスは、
カンポスのマシンをデザインするイタリアのレーシングカーデザインチームであるダラーラのジャンパウロ・ダラーラ代表は、FOTAとFIAによる和平協定のニュースが、カンポスのF1プロジェクトを脅かすことはないと語る。

「何も起こらなったかのように、我々は続けている」とジャンパウロ・ダラーラは語る。

そして、2010年のカンポス・ダラーラの設計が3カ月前に開始されたことを明らかにした。

2010年のテクニカルレギュレーションはまだ公表されていないが、ダラーラは技術面においての“2層シリーズ”が最終的には進まないであろうというギャンブルをした。そして、それは正しかった。

「我々のマシンは、燃料補給がなく、KERSを搭載しない2WDのクルマだ。
我々は、2009年仕様をもとに、2010年に必要な燃料搭載量を加えて作業している」
(カンポス、予算制限が廃止されてもF1プロジェクトは順調 【 F1-Gate.com 】より)
と、いうことで予算キャップ制度撤廃でもなんの問題もないことを明らかにしました。
Team USF1は元々予算キャップ制の撤廃は参戦計画には重要でないことを表明しています。

もし、マノーが参戦白紙となった場合、ほかのチームが繰り上がり当選となるのか、12チーム24台となるのか。
今の所はなにもわかりません。
できれば久々にフルグリッド26台が埋まっているレースが見てみたいものですね。

新規参戦チーム、「チーム予算制限撤廃なら参戦白紙も」: FMotorsports F1
カンポス、予算制限が廃止されてもF1プロジェクトは順調 【 F1-Gate.com 】
F1 : カンポス、予算制限なしでも来季参戦へ | F1トップニュース速報2009 | F1-TopNews
Formula 1 関連ニュース: 3月からマシンデザインを開始していたカンポス - GPUpdate.net Formula 1

Technoratiのタグ : , , ,

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて