工人舎、システム手帳サイズのSKと2スピンドルのEXシリーズを発表

工人舎はタッチパネル付きの11.6型ワイド液晶の「EXシリーズ」と700gのシステム手帳サイズの「SKシリーズ」の追加モデルを発表しました。
いずれも20日に受注は開始され、8月下旬より販売開始とのこと。

EXシリーズ

A4サイズのスタンダード筐体を採用したノートPCで、CPUとしてAtom N270(1.6GHz)を搭載。
液晶ディスプレイは1366×768ドット表示対応の11.6型タッチパネル液晶ディスプレイを内蔵、ディスプレイを反転させることでタブレットPCとしても利用可能だ。
OSはWindows XP Home Edition。

メモリは1Gバイト、HDDは160Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。
Webカメラは液晶ディスプレイ側と天板側に計2基を搭載、そのほかIEEE802.11b/g/n(ドラフト3.0)、Bluetooth Ver2.0+EDR、指紋認証センサーなども利用できる。
本体サイズは約300(幅)×231.5(奥行き)×26~33.8(高さ)ミリ、重量は約1.7キロ。
(工人舎、Atom搭載の2スピンドルA4ノートPC「KOHJINSHA EX」シリーズ - ITmedia +D PC USERより)
価格はちょっとお高めの69,800円。
大き目のタブレットPCを探してる方には朗報かもしれませんね。

SKシリーズ

コンバーチブル型のタッチパネル7型液晶ディスプレイを搭載した小型PCのエントリーモデル。
従来機種からワンセグチューナ、GPS、Bluetoothなどを省いてコストを抑え、約700gに軽量化した。
また、バッテリ駆動時間も約3.7時間に向上した(従来機種は約3.1時間)。

主な仕様は、Atom Z520(1.33GHz)、メモリ1GB、HDD 60GB、Intel US15Wチップセット(ビデオ機能内蔵)、1,024×600ドット表示対応7型ワイド液晶、OSにWindows XP Home Editionを搭載。

インターフェイスはUSB 2.0×2、Ethernet、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、ミニD-Sub 15ピン、ExpressCard/34スロット、SDカード(SDHC)/MMC/メモリースティック対応スロット、microSD専用スロット、オートフォーカス付き300万画素Webカメラ、30万画素Webカメラ、デジタルマイク、音声入出力などを備える。

本体サイズは約193×132×21.6~30mm(幅×奥行き×高さ)。
(【PC Watch】 工人舎、約700gに軽量化した「SK」シリーズ普及モデルより)
こちらの価格は49,800円。かなり小さくまとめてあります。
従来のSKシリーズからイロイロな機能を削ぎ落とした感じです。
単純に小さいPCの持ち運びが主目的な人にはもってこいですね。

工人舎、約700gのシステム手帳サイズPC「SKシリーズ」と11.6型液晶搭載「EXシリーズ」:ニュース - CNET Japan
約700g――システム手帳サイズのネットブックに5万円を切るモデル:デジタル家電総合情報サイト:Digital Freak 2009/08/20
工人舎、Atom搭載の2スピンドルA4ノートPC「KOHJINSHA EX」シリーズ - ITmedia +D PC USER
【PC Watch】 工人舎、約700gに軽量化した「SK」シリーズ普及モデル
工人舎、光学ドライブを搭載した11.6型ワイドタッチパネル液晶ノート | パソコン | マイコミジャーナル
工人舎、7型ワイド液晶搭載のミニノートに約700gという軽量な普及タイプ追加 | パソコン | マイコミジャーナル

Technoratiのタグ : , , ,

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて