[F1]ウィリアムズ、トヨタとの縁切りを希望?

トヨタ関連3発目。
ウィリアムズがトヨタとの提携にピリオドを打ちたがっているようです。
ウィリアムズは、2010年末までトヨタとのパートナー契約があるが、今シーズン末で契約を終わらせようという動きをみせている。

すでにウィリアムズは2010年に向けて複数の自動車メーカーと交渉をしているとみられ、新しいパートナーとしてはメルセデスの可能性があるが、ルノーが有力視されている。

チーム代表のフランク・ウィリアムズは、まもなくエンジンパートナーが決定するだろうと語っている。

「もうすぐだ。我々はマシンにそれを搭載する方法を見つけなければならない。そうだろ?」

ウィリアムズは、どこが有力候補であるかの明言は避けている。

「パドックはゴシップで一杯だ。明日はメルセデス・ベンツかもしれないし、次の日はフェラーリかもしれない」
(ウィリアムズ、トヨタとのエンジン契約解除を要請 【 F1-Gate.com 】より)
トヨタのジョン・ハウエット曰く、
「原本ではウィリアムズに代わりのエンジンを探す権利を与えている。基本的に彼らは将来、自由にエンジンを得ることができる。新規参入の自動車メーカーかもしれない。我々は契約上、いかなる形であれウィリアムズに損害を与えることはないだろう」

「今年の始め、彼らは来年に及ぶ延長の合意にサインするよう我々に推し進め、我々は締結した。しかし、彼らは代わりの供給元を探している」
(ウィリアムズ、トヨタとのエンジン契約解除を要請 【 F1-Gate.com 】より)
ルノーもレッドブルとの関係を修復しつつあるようで、ルノーエンジンが浮いてくるのかが微妙な感じのようです。
ただ、3チーム目への供給に関してはやぶさかではないと思われます。

なんにせよ、トヨタとの提携が白紙になれば、中嶋一貴は間違いなく放出となるでしょうね。
結果も出せていないですし。
その一貴をトヨタが起用するってのも考えにくいですなぁ。
なんにせよ、カスタマーエンジン周りもイロイロと動きがありそうなので、注目ですな。

トヨタ本社にしてみれば、カスタマー供給がなくなったほうが、撤退しやすいって思ってるのかもしれませんけどね。

ウィリアムズ、トヨタとの契約の早期終了を望む : F1通信
F1キンダーガーテン : ウイリアムズ、トヨタとのエンジン契約を解除へ
F1 : ウィリアムズ、2010年はエンジン変更か | F1トップニュース速報2009 | F1-TopNews

Technoratiのタグ : , ,

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて