[F1]ルノー、出走停止解除

ハンガリーGPでのタイヤ脱落事故でヨーロッパGPの出走停止処分を受けていたルノーですが、国際控訴審の判断により、処分を破棄し、罰金5万ドルのペナルティに変更となりました。
FIAはピットストップの際にフェルナンド・アロンソのクルマに起きた一件を説明し、チームがタイヤが緩んでいることを知りながらコース復帰させたことを強調するとともに、トラック上の作業員や観客、ドライバーに危険が及んだことを指摘した。
一方で、チームはタイヤの緩みに気付いていたメカニックが二人だけだったことを強調し、このトラブルをピットウォールからドライバーに伝える時間が十分になかったと説明した。

両者の言い分を聞いた上で、控訴院は予定よりも早く月曜日の午後に判決を発表し、ルノーはペナルティを免れることが決定した。
ルノーが判決後に発表したプレスリリースは以下の通りだ。

「INGルノーF1チームは、ヨーロッパGPの出走停止を取り下げるFIA国際控訴院の判決を喜んで受け入れる。
しかし、ハンガリーGPのピットレーンで起きた事件は安全面に問題があり、スポーティングレギュレーションに違反していることをチームは認識している。
よって、チームは処分を下したFIAの決定を受け入れ、5万ドルの罰金が公平で均衡のとれたものであると理解する。
今後、INGルノーF1チームは今週末のヴァレンシアでのレースに向けた準備に集中することを期待している」
(Formula 1 関連ニュース: ルノー 出走停止処分を免れる - GPUpdate.net Formula 1より)
ということで、ルノーは罰金のペナルティを受け入れ、ヨーロッパGPで出走できることになりました。
ヨーロッパGP関係者は胸をなでおろしてるでしょうね。
ヴァレンシアで開催されるGPにスペインの英雄、フェルナンド・アロンソの姿がないという状態は回避できたわけですから。
ただでさえチケットの売れ行きが芳しくないってハナシでしたからねぇ。

ルノーの出走停止解除: FIA公式プレスリリース : F1通信
FIA ルノーのヨーロッパGP出走を許可 【 F1-Gate.com 】
F1キンダーガーテン : ルノー、ヨーロッパGP出走が認められる
ルノー・チーム、ヨーロッパGP出走OKに: FMotorsports F1
Formula 1 関連ニュース: ルノー 出走停止処分を免れる - GPUpdate.net Formula 1

International Court of Appeal - Decision - FIA Press Release(英文)

ルノー、処分撤回を歓迎 【 F1-Gate.com 】
ルノー、「FIA国際控訴審は正当な判断をした」と声明: FMotorsports F1

Technoratiのタグ : , , , ,

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて