[FIA]2010年F1レギュレーションが発表

FIAは2010年F1世界選手権のスポーティングレギュレーション、テクニカルレギュレーションが発表されました。
台数が26台に増えるため、予選手順が変更となっています。
予選はこれまでと同様に3セッションに分けられるが、最初の20分のQ1では8台がふるい落とされ、続くQ2でも8台が減らされる。
これに勝ち残った10台が、10分間のQ3で争うことになる。

また、2010年はレース中の給油が禁止になることを受け、Q3では決勝スタート時の燃料搭載量の駆け引きも必要なくなる。
そのため、Q3は各車、最低の燃料搭載量でベストラップを競うことになるものと見られている。
(F1キンダーガーテン : FIA、2010年F1レギュレーションを発表より)
空タンアタックが見られるわけです。これは楽しみ。
後の注目点は、
バーニー・エクレストンはメダル制を提唱してきたが、ポイントシステムは現行のものが継続となる。

またFOTAはKERSを使用しないことで合意しているが、レギュレーション上はまだKERSの使用が許されており、KERSの重量を考慮してマシンの最低重量は620kgまで引き上げられる。

またタイヤウォーマーの使用も許可されている。
(2010年F1レギュレーション:予選手順などが変更 【 F1-Gate.com 】より)
ということで、大きな変化ではなく、比較的緩やかな変化という感じですね。
コレを踏まえたうえで2011年には大規模なコスト削減が実施されるということでしょうか。

F1キンダーガーテン : FIA、2010年F1レギュレーションを発表
FIA、2010年のF1公式予選システムを発表: FMotorsports F1
2010年F1レギュレーション:予選手順などが変更 【 F1-Gate.com 】
2010年F1規約では予選が変更に : F1通信

Technoratiのタグ : , ,

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて