[F1]BMW・ザウバー、最初のMBO交渉は失敗

撤退を決めたBMW・ザウバーの最初の交渉は失敗したようです。
ブラウンGPと同じく、MBOでの交渉となったようです。
すでに今シーズン限りでのF1撤退が表明されたBMWザウバー・チームだが、当面の売却目標とされた『新コンコルド協定の締結日』だった5日(水)までに売却先を見つけられなかったことを同チームのマリオ・タイセン代表が明らかにした。

売却先の候補として名前が挙げられていた、チームの創始者でもあるペーター・ザウバー氏は、「BMW側が示した条件は、われわれが契約するには厳し(高価?)すぎた」と説明した。

撤退表明からここまで十分な時間がなかったのは事実だが、F1参戦チームにとってコンコルド協定に加われないことはテレビ放映権や賞金の分配などで大きな不利が避けられないとみられる。
(BMWザウバー、売却先がまとまらず: FMotorsports F1より)
ということで、残念な結果となりました。
ただ、FOTAもコンコルド協定への加入を全面バックアップするとの声明を発表しており、じっくりと双方が納得できるように交渉を続けて欲しいところです。
MBO交渉を行った、ペーター・ザウバー氏は、
「2009年シーズン末にF1から撤退するというBMWの発表を受けて、チームの引き継ぎと救済を試みた」と、ザウバーはオートスポーツに語った。

「しかし、BMWとの交渉は彼らの要求が非常に高すぎたため失敗に終わった。結果として、数百万の支払いを保証し、チームの将来を確保するコンコルド協定に署名することができなかった」

「非常に残念であり、やるせない気持ちだ。私にとって、モータースポーツでの40年間のキャリアの中で最もつらい1日だ。また、チームにとっても壊滅的な挫折だ。今後は別の解決策を探さなければならない。この件に対する責任はBMWの手にかかっている。言うまでもなく、私は以前のように救済をいとわない」
(Formula 1 関連ニュース: ザウバー チームの引き継ぎを断念 - GPUpdate.net Formula 1より)
ということで、他の売却先の模索が始まるようです。
BMWのマリオ・タイセン氏曰く、
「私たちが直面している厳しい時間枠は、私たちや興味を持った団体、投資家にこのような複雑な取引を解決するための十分な時間を与えなかった。このような理由からチームはコンコルド協定にサインできなかった。今の目標は、今後数週間で可能性のありそうな興味を持った団体やペーター・ザウバーとともに解決策を見いだすことだ。その他にも、このスポーツに対するたゆまぬ深い関与とともに2009年シーズンの結末を見届けるつもりだ」
(Formula 1 関連ニュース: BMWザウバー 買収先を模索 - GPUpdate.net Formula 1より)
と、チームを存続させる方向へ舵はきってくれるようなので、交渉の結果を待ちましょう。

これ以上チームが雲散霧消してしまうのは見たくないですからね。

F1キンダーガーテン : BMWザウバー救済MBO、第一ステップは不発
ペーター・ザウバー 「BMWの要求はあまりに高すぎた」 : F1通信
BMW、期日までにチームの買い手を見つけられず : F1通信
BMWザウバー、売却先がまとまらず: FMotorsports F1
Formula 1 関連ニュース: ザウバー チームの引き継ぎを断念 - GPUpdate.net Formula 1
Formula 1 関連ニュース: BMWザウバー 買収先を模索 - GPUpdate.net Formula 1
ペーター・ザウバー 「BMWの要求が高すぎた」 【 F1-Gate.com 】
マリオ・タイセン 「売却を成立させるには時間が足りなかった」 【 F1-Gate.com 】
BMWザウバー救済の最初のMBO交渉は失敗 【 F1-Gate.com 】

Technoratiのタグ : , ,

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて