[F1]マノーとブラウンGP

2010年はブラウンGPと決別し、マノーへの出資がきまっているヴァージンですが、マノーのCEOに社員が就任したようです。
ヴァージンの社員であるアレックス・タイが、来年からF1に新規参戦するマノーのCEOに就任するとSPEEDtv.comが報じている。
アレックス・タイはチーム代表職も兼務するとしている。

ヴァージンは、今シーズン末でブラウンGPを離れ、来年からはマノーのタイトルスポンサーになることが明らかになっている。
アレックス・タイは今シーズン、ベルギーGPをはじめ、何度かレースに姿をみせている。
(マノーのCEOにヴァージンの社員が就任 【 F1-Gate.com 】より)
ということで、ウワサ通りにスポンサーだけではなく、チーム経営にまで関わるようです。
ヴァージン・マノーと呼称されるのか、単にヴァージンとなるのかはわかりませんが。
そのヴァージンと決別逃げられたとなったブラウンGPはブラジルGPのスポットスポンサーとして地元の大手ビール会社と契約を結んだようです。
ブラウンGPは、10月18日に予定されるブラジルGPでのスポット・スポンサーとして地元の大手ビール会社である『イタイパバ』と契約を結んだことを明らかにした。

契約金額等の詳細は明らかにされていないが、これについて同チームのニック・フライ/CEOは、
「ブラジルの著名企業であるイタイパバが、F1への最初の関わりとしてわがチームを選んでくれたことに感謝する。
ブラジルGPではシーズン最高のクライマックスが期待されていて、そこで彼らのホームレースのためにわれわれが戦えることを誇りに思う。
必ずや、彼らの期待に応える活躍をすることを約束する」と、語っている。
(ブラウンGP、ブラジル醸造会社とスポンサー契約: FMotorsports F1より)
あわよくば、2010年の正式スポンサーになってほしいところでしょうか。

最近息切れ気味のブラウンGPですが、資金調達は順調との話ですが、本当でしょうかねぇ。
メルセデスが買収または、メルセデスとの資本提携などはウワサされていますが、本当のところはどうなるんでしょうかね。

マノーのCEOにヴァージンの社員が就任 【 F1-Gate.com 】
ブラウンGP、ブラジル醸造会社とスポンサー契約: FMotorsports F1

Technoratiのタグ : , , ,

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて