HP、HP Mini 1000を国内投入

日本HPは、Atom搭載ミニノート「HP Mini 1000」の国内投入を発表しました。
発売日は2008年12月上旬で、SSD、HDDのモデルが選択できるようです。

SSD 8GBモデルは49,980円
SSD 16GBモデル、HDD 60GBモデルは54,600円。
となっています。

他のスペックに関しては、他社製Atom搭載モデルと横並びな感じやね。
新たに投入されたHP Mini 1000シリーズは、VIAのモバイルプラットフォームを採用していたHP 2133シリーズと異なり、アーキテクチャをインテルベースに切り替え、文字通り“Netbook”に生まれ変わったモデルだ。
CPUはAtom N270(1.6GHz)、チップセットはIntel 945GSE Express、メモリは1Gバイトで、OSはWindows XP Home Edition(SP3)を搭載する。
ストレージの種類と容量別に3モデルがラインアップされ、SSDモデルは8Gバイトおよび16Gバイト+8GバイトのHPミニモバイルドライブ(USB接続)、HDDモデルは60Gバイト(1.8インチParallel HDD/4200rpm)となる。
(HP 2133に姉妹機が登場:Windows XP+Atom搭載の低価格ミニノートPC「HP Mini 1000」を国内投入 - ITmedia +D PC USERより)
SSD 8GBモデルはBluetoothは省かれるようです。
SSD 16GBモデルには8GBのUSBメモリ「HP ミニモバイルドライブ」が付属。
バッテリーは3セルで、駆動時間はHDDモデルが3.3時間、SSDモデルが3.5時間。
#大容量バッテリーはオプションで後ほど用意されるとのこと
液晶ディスプレイは10.2型ワイド光沢(LEDバックライト)。
タッチパッドのマウスボタンは左右に分かれているタイプ。
おまけに、
気になるのは、ただでさえ画面の狭いNetbookを有効活用するための外部ディスプレイ出力が省かれていることだ。
左側面に専用の拡張端子があるものの、現時点で接続可能なアダプタは提供されず、今後も未定とのことだ。
同社のノートPC「HP Pavilion Notebook PC」シリーズではExpansion Portという独自端子を装備するモデルがあり、日本では対応機器が提供されず(海外では販売済み)宝の持ち腐れとなっているだけに、その二の舞だけはぜひとも避けてほしいところだ。
(今度はAtomを搭載:Atom+スリムボディで5万円切りのNetbook「HP Mini 1000」を試す (2/2) - ITmedia +D PC USERより)
と、個人的はアウトな製品やね。
価格を抑えてきたのは分かるけどね。

現在はAspire OneとEee PC勢がネットブック界を牽引していますが、Atomを搭載し同じ土俵に上がったHPに勝ち目があるのかどうか、注目されるところやね。

ちなみにHP 2133は継続して販売されるようです。

日本HP、ミニノートの新製品「HP Mini 1000」を発表!SSD採用など3モデルを用意:デジタル家電総合情報サイト:Digital Freak 2008/11/25
【ビデオニュース】日本HPのミニノートに新製品「HP Mini 1000」:デジタル家電総合情報サイト:Digital Freak 2008/11/25
今度はAtomを搭載:Atom+スリムボディで5万円切りのNetbook「HP Mini 1000」を試す (1/2) - ITmedia +D PC USER
HP 2133に姉妹機が登場:Windows XP+Atom搭載の低価格ミニノートPC「HP Mini 1000」を国内投入 - ITmedia +D PC USER
日本HP、Mini PCの第2弾「HP Mini 1000」--Windows XP搭載、1.1kg、10.2インチ液晶に:ニュース - CNET Japan
日本HP HP Directplus 個人のお客様 TOP

Technoratiのタグ : , , ,

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて