AMD、ミニノート向けCPU「Yukon」を発表

ネットブックといえばインテルのAtom、VIAのC7-M、Nanoですが、AMDも「Yukon」を発表しました。
ただAMDはただ単にNetbook市場への参入を目指しているわけではないとのこと。
Taylor氏は「Yukonがターゲットとしているのは、もっと大型の液晶ディスプレイを搭載する、薄型のフォームファクターである。10、11、12インチの小型ディスプレイサイズが狙いではない」と説明している。
もちろんTaylor氏は、(Yukonを搭載した)小型のNetbookスタイルのデザインが登場する可能性も否定はしなかったものの、NetbookがYukonのターゲットではないことを、改めて強調した。
(AMD、超薄型ノートPCの新プラットフォーム「Yukon」を発表:ニュース - CNET Japanより)
スタイリッシュな大型液晶を搭載したノートってなモノをターゲットにしたいようです。
Appleの「MacBook Air」のようなPCが理想とのこと。
さらに、Taylor氏は、Intelが掲げるNetbookの戦略が、少なくとも12インチ未満、特に現時点での主流は10インチ未満というサイズの小型液晶ディスプレイに限定されがちであることに着目している。
Intelを名指しで言及することはなかったものの、同氏は、このNetbookの限定戦略は、「既存の事業セグメントの保護」を目的にしていると指摘した。
つまりは、もしIntelが、より大きなサイズの液晶ディスプレイをターゲットとするチップを提供するならば、多くの売り上げを誇る、Intelの他のメインストリームのモバイルプロセッサの存在を脅かしかねないという点が危惧されているというのだ。
(AMD、超薄型ノートPCの新プラットフォーム「Yukon」を発表:ニュース - CNET Japanより)
インテルのNetbook戦略に一石を投じるってな感じでしょうか。
YukonがAtomより提供価格が安価であれば、一気に採用してくるメーカーが増えるかもしれませんな。
AMDのYukonプロセッサを搭載したPCがどのようなスタイルで登場するのか楽しみですな。

これで、Atom、Nano、Yukonと揃い踏みしたわけですが、どのように展開されるんでしょうか。
今後が楽しみですねぇ。

ついにAMDがIntelのAtom対抗デュアルコアCPUを発表へ、低価格ノートパソコンに新たな選択肢 - GIGAZINE
AMD、超薄型ノートPCの新プラットフォーム「Yukon」を発表:ニュース - CNET Japan
AMD、Atom対抗のプラットフォーム「Yukon」を発表:ITpro
AMD、超薄型ノートPCの新プラットフォーム「Yukon」を発表 - ハードウェア - ZDNet Japan
【レポート】AMDアナリストデイ - 09年にミニノート向け「Yukon」、11年には「Orochi」「Ontario」 (1) 大きな市場、少ないライバル | パソコン | マイコミジャーナル

Technoratiのタグ : , ,

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて