[F1]ヴィジャイ・マルヤ氏、5年計画でインド人ドライバーを育成したい

フォース・インディアのヴィジャイ・マルヤ氏(ボス兼共同オーナー)が「5年計画でインド人ドライバーを育成、F1で走らせる」方針を明らかにしました。
※いままで「ヴィジェイ・マラヤ」と記載していましたが、「ヴィジャイ・マルヤ」に変更します

今のところ、有力なインド国籍のドライバーといえば、
の2名くらいでしょうか。
カーティケヤンは2005年にジョーダンからF1参戦。
2006,2007年はウィリアムズの第二テストドライバー務めていました。
現在はA1グランプリ(Wikipedia)に参戦しています。
チャンドックはGP2をシーズン10位で終え、2009年はフォース・インディアのテストドライバーに就任するようです。

チャンドックを育てつつ、有望なインド人ドライバーを発掘、育成していくようですね。

ヴィジャイ・マルヤ氏曰く、
「私はインドのチームとして当然インド人ドライバーを走らせたいと考えているよ。
そのため、最大5年間の予定で国内や国際レースの底辺などから有望な若手ドライバーを発掘・育成していく計画をたてているんだ。
そしてインド国歌と国旗が、母国インドGPの表彰台で流れる、これが私の最終的な夢なんだよ」
(FMotorsports F1: マルヤ代表(F・インディア)、「5年計画でインド人乗せる」より)
カーティケヤンに続く、インド人F1ドライバーが誕生するのでしょうか。
トヨタ、ホンダも日本人ドライバーの育成は行っているようですが、姿はおぼろげな感じに見えます。
まぁ、両チームとも、ドイツとイギリスのチームやから、仕方無いのかもしれませんが:-P。

FMotorsports F1: マルヤ代表(F・インディア)、「5年計画でインド人乗せる」
F1 : インド人ドライバーの育成を目指すマルヤ - FORCE_INDIA - F1-Live.com
F1通信:ビジャイ・マルヤ 「5年以内にインド人ドライバーを乗せる」

Technoratiのタグ : , , ,

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました