Windows 7の概要が明らかに

現在開催中のPDC(Professional Developers Conference)2008にて、Windows 7の概要が明らかになりました。

アチコチのニュースで話題になってて収拾がつかなくなりそうなので、スラドで簡単にまとめてあったものを転載します。
  • ベースとなるのはWindows Vistaで、Windows Vistaで動作するデバイスやソフトはすべてWindows 7でも動作する
  • ただし、Windows Vistaからメモリ利用効率の向上など、パフォーマンスの改善を行っている
  • ユーザーインターフェイスにも細かい改良が加えられている
  • Webサービスとの連動が強化された。Windows Liveだけでなく、Yahoo!やGoogleのサービスとも連携可能
(スラッシュドット・ジャパン | 次期Windows「Windows 7」、その概要が明らかにより)
ってなことらしいです。
特にパフォーマンスの向上は目を見張るもので、ネットブックなどの低スペックPCでも問題なく動作するようです。
これはOSカーネルやAPIに大きく手を入れるのではなく、Windows Vistaをベースに各所をブラッシュアップするという手法を取ったからだろう。
元々進められていたVistaのチューニングに加え、メモリ管理が改善した効果も現れているのかもしれない。
(本田雅一の「週刊モバイル通信」より)
こういうのを見ると、益々Vistaはスキップして正解だったなぁと感じるなぁ。
見方を変えれば、「Windows 7」は「Windows Vista Second Edition」ってな感じでしょうかねぇ。

「Vistaは最適化せずに出荷してしまった未完成品」で、「イロイロと改良を加えたWindows 7が完成品」でしたみたいな印象を受けますね。

Windows 7は2010年頃に発売されるってことですが、プリインストール版はもう少し早く登場するかもしれませんな。

スラッシュドット・ジャパン | 次期Windows「Windows 7」、その概要が明らかに
PC Watch - 本田雅一の「週刊モバイル通信」■ 第429回 ■Windows 7の概要

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて