Google Sitesが日本語対応

簡単にWebサイトを構築できる「Google Sites」が日本語を含む37カ国以上の言語に対応したようです。

Google Sitesとはなんぞや?と言うと、
Google Sitesは、WikiのようにブラウザからWebサイトを構築できるサービス。
WYSIWYGを搭載しているため、HTMLが分からないユーザーでも簡単に編集作業を行える。
全体に向けて公開するだけでなく、公開範囲を指定することも可能で、チーム内だけでの情報共有などに利用することもできる。

また、GoogleカレンダーやGoogleドキュメント、画像共有サービスPicasaといった、Googleの他サービスをボタン1つでサイト内に統合することも可能となっている。
(CodeZineより)
私はドップリとGoogleに浸かっているので、Googleのサービスと連携させればイロイロできるようなので、何か試しに作ってみようかなぁなんて思っています。

Google版wiki 「Google Sites」が日本語サポートを開始、作成サイト数は既に100万越え:CodeZine
Google サイト

Technoratiのタグ : ,

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて