[F1]USF1とカンポスの持参金額は500万ドル

新規参入を目指す、USF1とカンポス・メタですが、ドライバーに持参金を求めているようで、その額は500万ドル!!
オランダ人のレーサー、ロバート・ドーンボス(28歳)によると、USF1とカンポスは、レースシートに500万ドル(4億5,420万円*)を要求しているという。

ドーンボスは、数年前ミナルディとレッドブルでレースに出走し、F1テスト・ドライバーも務めていた。

彼は昨年インディカー・シリーズに参戦したが、 "nusport.nl" に、F1のふたつの新チームと2010年について交渉したと語った。

ドーンボスは「チャンスがあるかどうか検討した」と述べた。

「興味を示してくれたUSF1とカンポス・メタと交渉したが、彼らはスポンサーシップ資金として500万ドルを要求した」

「そんな大金を持っていたら、F1に戻らないでインディカー・シリーズでトップになる方がいいね」
(ドーンボス 「USF1とカンポスはレースシートに500万ドル要求した」 : F1通信より)
4億5400万円・・・
キャリアがない新人ならともかく、そこそこのキャリアのあるドライバーにしてみれば、F1とは言え、実力が未知数なチームにそれだけの大金を用意して乗るだけの価値があるかというと、難しいのかもしれませんなぁ。
USF1とカンポス・メタは未だに参戦が危ぶまれています。
資金的に厳しい状況が続いてるようです。

開幕には13チーム26台が勢揃いして欲しいです。

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて