[F1]韓国タイヤメーカー、2011年のF1タイヤ供給を目指す

ドイツ紙のAuto Bild Motorsportによると、韓国のタイヤメーカー2社が2011年からのタイヤ供給に興味を示しているようです。
F1の幹部らはブリヂストンに残留を納得させるための規約変更を求めているとしている。

ブリヂストンは昨年11月、契約の最後のシーズンが終わる2010年末にF1から撤退すると発表した。

同誌、各グランプリにつきチームに提供するタイヤの数を減らすよう規約を変更すれば、ブリヂストンの推定年間F1支出を約1億ユーロ(133億円*)節約できると報じた。

F1の独占的契約に興味を示している2社の正体を明かしていないが、韓国の大手タイヤブランドは、クムホ、ハンコック、ネクセンである。

また記事によると、1月22日の会議でとF1タイヤの将来が決まるという。
(韓国のタイヤメーカー2社、F1供給契約を目指す : F1通信より)
とういうことで、F1の関係者はブリヂストンの残留を望んでいるようですね。
おそらく二社はクムホとハンコックだと思われます。
両社ともモータースポーツへの意識も高く、欧州でのシェアもそれなりにあるようです。
費用節減が現実のものとなれば、十分に供給体制を整えることも可能だと思われます。

日本の存在感が薄れつつあるF1界ですが、韓国、マレーシアのアジア勢に頑張って欲しいところです。

韓国のタイヤメーカー2社、F1供給契約を目指す : F1通信
韓国タイヤメーカー、F1タイヤ供給を目指す 【 F1-Gate.com 】
2011年からは韓国のメーカーがF1タイヤを供給? | ブリヂストン | F1 TopNews
2011年以降のF1タイヤ、今月中にも方向決定へ: FMotorsports F1

クムホタイヤ - Wikipedia
ハンコックタイヤ - Wikipedia

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて