[F1]フラビオ・ブリアトーレ、永久追放は無効の裁定

クラッシュゲートの首謀者としてFIAより永久追放処分を受けたフラビオ・ブリアトーレですが、処分撤回を求める裁判で勝利したようです。
ルノーF1チームのトップだったフラビオ・ブリアトーレがいわゆる“クラッシュゲート”の首謀者の1人ということで、FIAから、F1などのFIA管轄の競技から永久追放を受けたが、このことについての処分撤回を求める裁判でパリの裁判所は火曜日の午後、FIAの追放処分を覆す判決を下した。

また裁判所はFIAに対して、ブリアトーレに約2万1500米ドルの賠償金の支払いも命じた。FIAは控訴するかどうかの判断はまだ下していないが、敗訴したため控訴を検討せざる得ない状況だ。
(ブリアトーレへの永久追放処分 取り消し - Formula 1 関連ニュース - GPUpdate.netより)
FIAは上訴する用意があるようで、また一波乱あるみたいです。
ただ、負のイメージが強すぎるフラビオ・ブリアトーレが復帰できるのかどうかは微妙でしょうけど、どこかのチームを買収し、オーナーになるということはありそうですな。

クラッシュ・ゲート事件、ブリアトーレ氏逆転勝利: FMotorsports F1
ブリアトーレへの永久追放処分 取り消し - Formula 1 関連ニュース - GPUpdate.net
FIA、ブリアトーレの処分解除の公表を命じられる 【 F1-Gate.com 】
F1キンダーガーテン : ブリアトーレ、「F1永久追放は無効」の裁定を勝ち獲る
フラビオ・ブリアトーレが勝訴 【 F1-Gate.com 】
ブリアトーレ、追放処分の撤回に成功 | FIA | F1 TopNews
ブリアトーレ勝訴 : F1通信

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました