[LM24]ポルシェ、LMP1でル・マンに復帰!!

ポルシェが2014年からル・マン24時間のLMP1クラスにワークスマシンで参戦することをは発表しました。


ルマン最多16回の総合優勝を誇るポルシェは、1998年の911 GT1以来の栄冠を狙うことになる。

「モータースポーツは常にポルシェ・ブランドの中核となるものだ」
とポルシェの理事会議長のマテウス・ミューラーはいう。
「レースの最高のリーグへファクトリーとして復帰することは時間の問題だった。
ルマンにおけるポルシェの成功は他に並ぶものはいない。
われわれは17回目の明確な勝利を目指すことを欲している。」

ポルシェは2006年から2008年までペンスキー・レーシングによるRSスパイダーで、アメリカン・ルマンシリーズで大成功を収めた。
そしてカスタマーチームによって2010年までLMP2カテゴリーでのベンチマークとして活躍した。

その間技術的には直接燃料噴射(DFI)や、911 GT3 Rハイブリッドによる全く新しいドライブテクノロジーと燃料消費の削減を実現してきた。
ポルシェではハイブリッドの使用も含めて、2014年の車両規則を見極めながらニューマシンについての研究を開始するとしている。
(LM24:ポルシェ、2014年にLMP1でルマンに復帰!: FMotorsports Kaigaiより)

耐久の王者が満を持しての復帰となります。
16回の優勝は伊達じゃないですよ。

個人的にはポルシェ962Cが思い浮かびますね。

ル・マン24時間レースにおいて「同一車種」としては最多優勝記録を誇っており、さらにブルン・モータースポーツやヨースト・レーシングなどのプライベーターも多数使用したこともあり、今でもグループCと言えばこのマシンを思い浮かべるファンがいる等、まさしくグループCのみならず、レーシングカー史においてもその名を長く刻む名車として君臨している。
(ポルシェ・962 - Wikipediaより)


カラーリングでいうと、ロスマンズ、レプソル、ケンウッド、ADVAN、レイトンハウス、伊太利屋などなど枚挙にいとまがないですねぇ。

1988年あたりが個人的には面白かったなぁ。
シルクカット・ジャガーXJR-9とザウバー・メルセデスC9の実力が拮抗し、962Cはちょっと脇役においやられた感がありましたけどね。
あの頃はいい意味で混沌としてたからなぁ(笑)

それにしても復活は嬉しいニュースですなぁ。

LM24:ポルシェ、2014年にLMP1でルマンに復帰!: FMotorsports Kaigai
ポルシェ、2014年からル・マン24時間のLMP1クラスに復帰 【 F1-Gate.com 】

ポルシェ・962 - Wikipedia
スポーツカー世界選手権 - Wikipedia

SAVE JAPAN 東日本大震災 義援金サイト | JS Style

コメント

砂地尚茸 さんの投稿…
ポルシェが復活ですか~
ポルシェ強かったんですね、僕はアウディがル・マン強いイメージがあります。

写真はポルシェのイメージがないですね。
ライトもマツダ787と余り変わらない気が・・・(昔はみんな似た感じ?

ポルシェ911GT1が、ポルシェらしいです。

日本のメーカーも外国メーカーも復活して、各メーカーがプライド掛けて走ってくれたら面白いですね。
marchjudd さんの投稿…
>砂地尚茸さん
コメントありがとうございます

昔のCカーはだいたいこのフォルムでしたたねぇ。
ポルシェが模範になっていましたから。

確かにポルシェらしいフォルムといえば911GT1でしょうなぁ。

日本のメーカーではトヨタが意欲を見せているので、来年か再来年には登場するかもしれませんね。

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて