[F1]ロータス・ルノーGP、前方排気を放棄?

斬新な排気方法として注目されたロータス・ルノーGPの前方排気ですが放棄を検討してるとのこと。


FIAの規制によるパフォーマンス低下の中、ルノーはまったく新しいエキゾーストデザインのデビューを検討している。

シルバーストーンでの話し合いによってレギュレーションはバレンシアでの状態に戻るとは言え、ルノーはすでにそのスペインの港町で苦戦を強いられていた。

革新的な前方排気を最大限に生かすため、ルノーは最もアグレッシブな予選用エンジンマップを運用していたチームの一つだが、バレンシアで行われたヨーロッパGPからレース前のエンジンセッティング変更が禁じられている。

レッドブルのデザイナーであるエイドリアン・ニューイはオフスロットル時のエキゾースト規制で最も影響を受けるのはルノーだとし、「エキゾーストを前方に設置する理由はもうない」と話していた。

ドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』誌は10日(日)、ルノーが従来型のエキゾーストレイアウトを考案しており、2週間後のドイツGPまでに準備が整うかもしれないとチーム代表のエリック・ブーリエがほのめかしたと報じる。
(ルノー、前方排気を放棄か | Renault | F1ニュース | ESPN F1より)

ということで、ブロウン・ディフューザが禁止なったことで、前方へ排気する意味がなくなったということですね。
ただシーズン中の大幅変更となると、バランス調整、エアロパーツなどなど突貫作業でしょうなぁ。

ただ、幸いなのはに新技術の導入ではなく、スタンダードなものへの変更なので、技術的には問題ないとは思うけど。

にしても、ロータス・ルノーGPはちょっと厳しい状況になりつつあるなぁ・・・・

ルノー、前方排気を放棄か | Renault | F1ニュース | ESPN F1
ルノー、前方排気の廃止を検討 : F1通信
ロータス・ルノーGP、前方エキゾーストを廃止へ 【 F1-Gate.com 】

SAVE JAPAN 東北地方太平洋沖地震 義援金サイト | JS Style

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて