[F1]マニエッティ・マレリ、F1用KERSを供給?

フィアットの子会社のマニエッティ・マレリがF1チームへのKERS供給を年間100万ドル(8,500万円)で申し出たとのこと。

来年からはKERSが復活する見通しになっているが、フェラーリエンジンを搭載するザウバーもマニエッティ・マレリ製KERSの搭載を検討しているとされる。

また、ルノーのエンジンを搭載するレッドブルも、マニエッティ・マレリのKERS搭載を検討しているという。
ルノーは2009年、マニエッティ・マレリとKERSを共同開発していた。

『Autosprint(オートスプリント)』によると、ヴァージン、ロータス、ヒスパニア・レーシング、そしてザウバー同様にフェラーリエンジンを搭載するトロ・ロッソも、マニエッティ・マレリのKERSを搭載する可能性があるようだ。
(マニエッティ・マレリ、多くのF1チームへKERSを供給か | F1 TopNews | F1トップニュース | F1 Live 速報 2010より)
そのロゴを見れば、見たことがあると思いますよ。
資金食いと言われたKERSを100万ドルで供給してもらえるのであれば、チームはありがたいでしょうねぇ。
他チームに供給する可能性があるのはウィリアムズ・ハイブリッド・パワー(WHP)を傘下にもつウィリアムズでしょうか。
来季はKERS戦争も始まるかもしれませんなぁ。

マニエッティ・マレリ、F1用KERSを100万ドルで提供 : F1通信
マニエッティ・マレリ、多くのF1チームへKERSを供給か | F1 TopNews

マニエッティ・マレリ - Wikipedia
Magneti Marelli

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて