リコー、「CX4」を9月3日から発売

リコーは広角/高倍率ズームが特徴のコンデジ「CX4」を発表しました。

価格はオープンですが、推定市場価格は45,000円前後とのこと。

CX4は、「イメージセンサーシフト方式ブレ補正」機能により、シャッタースピード換算で平均約3.7段分の補正効果が得られる。
さらに室内や暗いシーン、望遠での撮影性能が向上したという。

また、新たに「被写体追尾AF」として、カメラが被写体を追尾してピントをあわせ、撮りたい瞬間にシャッターを押すと、最適なピントと明るさで撮影ができる機能を搭載。
動きのある被写体の撮影や、接写時に効果を発揮するという。

連続撮影した4枚の静止画を重ねあわせて、ノイズの少ない1枚の画像を記録する「夜景マルチショットモード」や、ソフトフォーカス、クロスプロセス、トイカメラなど、多彩な撮影表現を実現する「クリエイティブ撮影モード」を搭載した。

「毎日使いたくなる道具」をデザインコンセプトとし、本体ボディは曲面造形の新デザインを採用。ポケットなどへの収納性や携帯性を向上させたとのことだ。
(リコー、光学10.7倍ズーム搭載コンデジ「CX4」--被写体を自動追尾 - CNET Japanより)

デザインはやや丸みを帯びたデザインとなっており、ボクシーなイメージから柔らかなイメージになってますね。
CX3と大きく違う部分は少ないですが、着実にアップデートした感じですね。
主な仕様は、

有効画素数は1,000万画素、撮像素子は裏面照射型の1/2.3型CMOSセンサー。
光学ズームは10.7倍、デジタルズームは4.8倍で、焦点距離はf=4.9~52.5mm(35mm判換算で28~300mm)。
F値はF3.5(広角)~F5.6(望遠)、マクロ撮影は約1cm~対応。
内蔵メモリは約86MB、外部対応メディアはSD/SDHCカード(最大32GB)。
静止画保存形式はJPEG、動画保存形式はAVI(Motion JPEG形式)で、動画は最大1,280×720ピクセルのハイビジョン撮影が可能。
インターフェースはUSB2.0/AV。
本体サイズは幅101.5×高さ58.6×奥行き29.4mm、重さは約205g(バッテリ、SDカード含む)。
カラーはブラック/シャンパンシルバー/パープルピンク。
(リコー、手ブレ補正を強化した「CX4」を9月3日から発売 | RBB TODAY (デジタル機器、デジカメのニュース)より)

夜間の撮影で非常に厳しいなぁと思ってたので、CX3の購入を考えていましたが、CX4の登場でまた悩みそうですねぇ。
どないしよかな・・・。

リコー、手ブレ補正を強化した「CX4」を9月3日から発売 | RBB TODAY (デジタル機器、デジカメのニュース)
リコー、光学10.7倍ズーム搭載コンデジ「CX4」--被写体を自動追尾 - CNET Japan
ASCII.jp:リコーから高感度に強いエントリーデジカメ登場
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/08/19/051/index.html



企業情報 / ニュースリリース | Ricoh Japan

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて