ビー玉の語源は?

ネタフルさんより、小さい時によく遊んだ「ビー玉」ですが、その語源はあやふやなようです。

ビー玉の語源としてはいくつかの説が存在する。

  • 「ビードロ玉」の略という説(ビードロ(vidro)はポルトガル語でガラスを意味する)
  • ラムネビンの栓として使用できる直径16.85±0.15mmのものを「A玉」、規格に合わないものを「B玉」と呼んでいる。
    このうち規格外の「B玉」を子供のおもちゃとして転用したという説
  • 東京多摩地区の方言から広まったという説

『「ビードロ玉」の用例が見られる』と主張するサイトが存在するが、その根拠は示されていない。
「B玉」説については、言語学の世界では完全に否定されている。

(ビー玉 - Wikipediaより)

いままで深く考えたことなかったけど、諸説紛紛なわけですなぁ。
ラムネのビンの中のビー玉ってのはなぜかすごい宝物みたいに思えてましたねぇ。
割って取り出してみると普通のビー玉なワケですけどね(笑)

Wikipediaには遊び方が掲載されているので、童心に帰って遊んでみてはいかがでしょうか。

そういや、昔ビーダマンってあったなぁ。
内容とか全く知らないけど。

[N] A玉? B玉? 「ビー玉」の由来

ビー玉 - Wikipedia
ビー玉(だま) - 語源由来辞典
The Wind of Blessing: ラムネの中のビー玉って

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて