[F1]2014年、ピットレーンでは電力で走行しなければならなくなるらしい

FIAは2014年の暫定テクニカル・レギュレーションを発表しました。
エンジン規定の変更以外にも大きな変更点があるようです。

2014年のレギュレーションによると、チームらはピットレーンでERS(エネルギー回生システム)を使い、電力で走行しなければいけない。
これは現在使用されているKERS(運動エネルギー回生システム)技術に加えて排気熱からエネルギーを回生するものだ。
KERSのパワーは60kWから120kWに増やされ、オーバーテイクの際により大きなパワーブーストを利用できることになる。

また新規則では1万5,000rpmに制限される新V6エンジンの重量、材質、マウンティングについても概説している。
燃料フローは100kg/hに制限され、ドライバーがコックピット内でエンジンを始動できるようにしなければいけない――現在のF1では外部スターターが使われている。
エンジニアたちにはギアが現在の7速から、8速に増えるという新たな課題も設けられた。

ボディワークに関してはフロントウイングの幅が現在のものより150mm狭くなり、それより後ろの部分についても外見をタイトに見せるいくつかの変更点がある。
(FIAが2014年暫定レギュレーションを発表 | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1より)

このレギュレーションではエネルギー回生システム(ERS)は必須となるようですね。
ただ、ERSが故障するとピットインすらできなくなってしまうってのはキツいような気がするなぁ。
何らかの救済策があってほしいものです。

冷静に考えると、これってハイブリッド化やね
静かにピットを走るF1マシンはあまり想像ができないけど

それと、エンジンはコックピットからドライバーが始動できるようになるようです。
スターターでエンジン始動する光景は来年で見納めとなりそうですね。

他の細かい部分ははっきりと分かっていませんが、大きな変化がありそうですね。
そういうシーズンは適度に実力がシャッフルされる可能性があり、思わぬチームが急成長したりするので、見てて楽しいです。

2014年のF1マシン、ピットレーンでは電気駆動に : F1通信
FIAが2014年暫定レギュレーションを発表 | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1
FIA、2014年 F1レギュレーションを発表 【 F1-Gate.com 】
2014年F1ルール概要が発表 | F1トップニュース | 2011年F1 Live速報

SAVE JAPAN 東日本大震災 義援金サイト | JS Style

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

赤穂 塩屋荒神社の祭礼に行ってきました その1