[F1]エンジン回転数は15,000回転に

FIAは新規定エンジンの回転数を発表しました。

F1のエンジンはすでに2014年シーズンから新しく「1.6リッターV型6気筒ターボ・エンジン」で戦われることが決まっているが、注目されたその最高回転数についてFIA(国際自動車連盟)は15,000回転までとすることを明らかにした。

新しいエンジンについては当初12,000回転までとする方向で調整が行われていたが、これだとエクゾーストノートが貧弱になりF1にはふさわしくないと、とりわけグランプリを開催するプロモーター側から変更するよう働きかけがあったもの。

現行の規定では18,000回転までとなっていたが、結局その中間を取って15,000回転で落ち着いた模様だ。

ただ、燃料の流量については変更されないため、開発の技術者にとってはさらなるチャレンジングが要求されることになりそうだ。
(新規定の1.6リッターV型6気筒エンジンは結局15,000回転に: FMotorsports F1より)

予想通り15,000回転で落ち着いたようです。
ただ、これはプロモーターの意向を受けての変更ではないとのことです。
まぁ実際にエンジン音がどんなものになるのかわからないですからねぇ。

なんにせよ、これでちょっとスッキリですなぁ。

2014年に向けて、新しいメーカーの参入があるのかどうかも気になるなぁ。
元BARのクレイグ・ポロックが設立したPURE、新規定がターボに決まった時に復帰の可能性が噂されたホンダ、レギュレーションの節目には必ず名前が挙がるフォルクスワーゲンなどなど・・・
どこかが本当に参入したら面白くなりそうやけどねぇ。

FIA、1万5,000回転のレブ制限を発表 | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1
V6エンジン音、十分にF1らしいものに | F1トップニュース | 2011年F1 Live速報
新規定の1.6リッターV型6気筒エンジンは結局15,000回転に: FMotorsports F1

FIA : Power Unit Regulations Q&A

SAVE JAPAN 東日本大震災 義援金サイト | JS Style

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました