HPが一部のノートブックを日本で生産へ

これはなかなか嬉しいニュースです。

これは、今どきめったにないニュースだ。
日本の日刊経済紙The Nikkeiによると、HPは数か月後に、ノートブックの生産の一部を中国から日本へ移す計画らしい。
このカリフォルニアの企業は、最終的には日本で売るコンピュータのすべてを、東京昭島にある工場で作るつもりのようだ。

HPはそのために昭島工場の従業員を50%増員して450名にする。
Nikkeiによれば、日本の労働コストは中国の約4倍だが、しかしHPは、効率の増大と、市場への至近性、“made-in-Japan”という表記がもたらす製品イメージ、そしてとくに、日本の企業顧客に対する納期の短縮に期待している。
(HPが一部のノートブックを日本で生産へより)

おぉ、これは嬉しいですねぇ。
これで日本での納期が5~10日くらい短縮されるようです。

ちなみに2010年のHPの日本でのPCの売上で第5位で約10%のシェアとのことです。
これで、日本でのシェアが増えるかもしれません。

ノートPCを買うときはHPを買うとしようかな。
なかなか購入する機会ないけどね(笑)

P.S.

あ、とりあえず、更新再開しました。
痛み止めでちょっとマシなったし

techcrunch日本版 : HPが一部のノートブックを日本で生産へ

SAVE JAPAN 東日本大震災 義援金サイト | JS Style

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて