[F1]無冠の帝王、サー・スターリング・モスが引退を発表

正真正銘の無冠の帝王、サー・スターリング・モスが引退を発表しました。

画像は彼の名前が冠せられた「メルセデス・ベンツSLR スターリングモス」。

ちなみに御年81歳です。

F1の無冠の帝王として広く認められているモスは、復元された自身の1961年ポルシェRS61でル・マンのレジェンド・レースに出走するはずだったが、同レースのピットレーンで引退を決めた。

彼は自身のウェブサイトに
「今日の午後、怖くなった。
これまで言ってきたように、自分には無理だ、あるいはライバルの邪魔をしていると感じたら引退する。
わたしはレーシングを愛しているが、もう辞めるときだ」
と宣言した。

4度ワールドチャンピオンシップ2位になったモスは、1962年グッドウッドの大事故のあとプロのキャリアを終えたが、趣味としてヒストリック・カーのレーシングを続けていた。
(スターリング・モス、81歳で引退を発表 : F1通信より)

すごいなぁ。
この年まで趣味とはいえ現役でレーサーを続けられていたことがすごいです。

彼にはいろいろなエピソードもあって、

何度もチャンピオン争いに絡みながら1度も王座に就けなかったのは、母国を愛する気持ちから、必要以上にイギリスチームに拘った結果とされる。
エンツォ・フェラーリから
タツィオ・ヌヴォラーリと比較に値する唯一の存在」
とまで買われながらイタリアの象徴であるフェラーリに乗らなかったのも、この拘りからと言われている。
(スターリング・モス - Wikipediaより)

とか、

チャンピオンにならなかったにもかかわらず、母国イギリスでは英雄的存在であり、
「モスに手紙を書く際には、スターリング・モス、イングランド」
という宛名だけで手紙が届く」という逸話もある。
(スターリング・モス - Wikipediaより)

とか。

ちなみに、彼が引退を事前発表したのはTwitterでのこと

Twitterの13,700人のフォロワーに自身の決定を事前に告げていた。

彼のメッセージは
「白いヘルメットを永久に脱ぐ。
これは公式発表だ。
スターリング・モスは競技レーシングから引退した」
というものだった。
(スターリング・モス、81歳で引退を発表 : F1通信より)

このあたりもすごいねぇ。
好奇心旺盛で最新のツールを使いこなしているところが素晴らしいです。
私なんてTwitterアカウントは放置状態やからなぁ(汗)

これからもモータースポーツ界のご意見番として、厳しく、優しく見守り続けてほしいですね。

スターリング・モス、81歳で引退を発表 : F1通信
スターリング・モス - Wikipedia

SAVE JAPAN 東北地方太平洋沖地震 義援金サイト | JS Style

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて