[F1]2014年の1.6リッターV6エンジン導入が正式承認

2014年の1.6リッターV6エンジンの導入が正式決定となりました。


29日(水)、FIA(国際自動車連盟)は先に示していた2014年シーズンからの新エンジン規定案について、今週行われたFAX投票により世界モータースポーツ評議会で承認されたことを発表した。

現行では「2.4リッターV型8気筒」で戦われているF1エンジンについて、当初の案では2013年シーズンから「1.6リッター直列4気筒ターボ」となっていたが、有力チームらの反発により,結局「1.6リッターV型6気筒ターボ」に、さらにその導入時期も1年遅らせて2014年からになったもの。
(FIA、2014年シーズンからの新エンジン規定を承認: FMotorsports F1より)

これでエンジン規定の大枠は確定しましたね。
KERSを併用する点は変わっておらず、直4からV6への変更となります。

次の課題はプロモーターが反対の意志を表明している回転数が課題ととなります。
直4エンジンでは最大12,000回転でしたが、V6になった時点でチーム側は15,000~16,000回転を希望しています。
また、プロモーターは現状維持の18,000回転を希望しています。

このあたりはどこで落ち着くのか興味深いところやねぇ。
回転数を抑えて、エコアピールをしたいFIA、観客動員数が気になるプロモーター。
ジャン・トッドとバーニー・エクレストンの綱引きが本格化しそうですな。

FIA、2014年の1.6リッター V6エンジン導入を正式承認 【 F1-Gate.com 】
FIA、2014年シーズンからの新エンジン規定を承認: FMotorsports F1
FIA 2014年以降のV6エンジン使用を発表 - GPUpdate.net
2014年F1エンジン規約: FIA公式プレスリリース : F1通信

FIA Formula One World Championship Power Unit Regulations(英文)

SAVE JAPAN 東北地方太平洋沖地震 義援金サイト | JS Style

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて