水を入れるだけで発電する電池

ナカバヤシから水を入れるだけで発電する単三型の電池「水電池 NOPOPO」が発表されました。
種類は3本パックと100本パック(単一、単二電池サイズ変換アダプター付)の2種類があり、価格は3本パックが630円、100本パックが20,790円。
発売は8月上旬予定とのこと。


水を使い化学反応を起こせば電池として機能する仕組み。
単3形乾電池タイプのデザインで、プラス極の脇にある穴から本体内へ、付属のスポイトを使って水を入れるだけで使用できる。

穴の中はスポンジ状になっており、注水時はスポンジに水を含ませるイメージ。
使用とともに気化し、乾くにつれて発電が弱くなるため、その場合は再度、注水することで繰り返し使用が可能。
繰り返す回数は、使用する機器の必要な電流値により変動するが、3~4回が目安だという。

容量の目安として、LEDライトに使用した場合は電池1本で約5時間の使用が可能。
水分であればよいため、水のほかジュースやビールといった飲料、あるいは唾液でも発電するとしている。
(水を入れれば使える単3形の「水電池」、3本パック630円 | RBB TODAY (デジタル機器、その他のニュース)より)

保存期間は未開封状態で約20年とのことなので、非常用に備蓄には最適かもしれません。
水分であればいいっていうのもいいですねぇ。

低消費電力機器に最適とのことなので、ポケットラジオやLED懐中電灯や電卓などに向いてるようです。
携帯電話の充電用にも使用できるかもしれませんね。
また、

有害物質(水銀、六価クロム、カドミウム等)を含有していないため、使用後は不燃物として捨てることが可能。
(水を入れると発電する単三電池 - ナカバヤシが災害備蓄向けに発売 | ビジネスPC | マイコミジャーナルより)

とのことなので、環境にも優しいようですね。
まさかの時のために購入しておいてもいいかもしれませんね。

http://journal.mycom.co.jp/news/2011/06/24/044/index.html


水を入れれば使える単3形の「水電池」、3本パック630円 | RBB TODAY (デジタル機器、その他のニュース)

ナカバヤシ|[水を入れるだけで発電する「水電池NOPOPO(TM)」新発売]

SAVE JAPAN 東日本大震災 義援金サイト | JS Style

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました