アルゼンチンが敗退したのはタコのせいらしい

日本代表の決勝リーグ進出もあいまって盛り上がりをみせているワールドカップですが、ドイツに完敗したアルゼンチン国民はムシの居所が悪いらしく、マラドーナとメッシへの批判が増しているとのことです。
そしてもう一人(?)その批判の矛先とした挙がっているのが、水族館のタコ「パウル」です。

ドイツ勝利を予想した同国の水族館のタコへの八つ当たりで、ネット上の交流サイト「フェースブック」では、「タコを殺そう」というグループまで結成された。

アルゼンチンの報道によると、グループが結成されると、24時間以内に1千人以上の賛同者が現れた。
「スシにして食べてやる」「パエリアに入れて食べるぞ」「世界中のタコを殺してやる」などとコメントが殺到。
ゆでダコの写真も掲載された。

ドイツの水族館のタコ、パウルは、ドイツ―アルゼンチン戦の前に水槽内に置かれた両国の国旗をつけた二つの箱のうちドイツの箱に入ってその勝利を予想した。
1次リーグでも同じ方法で勝敗を当てており、予想タコとして有名になっている。
ただ、AP通信によると、パウルは6日、ドイツとスペインが対戦する準決勝ではスペインが勝つと予想した。
(asahi.com(朝日新聞社):アルゼンチン敗退、タコのせい?予想的中「スシにする」 - 国際より)

タコに罪はないとは思いますが、そういう気持ちもわからんではないですなぁ。
パウルにはスシやパエリアにならないことを祈るのみです・・・。

asahi.com(朝日新聞社):アルゼンチン敗退、タコのせい?予想的中「スシにする」 - 国際

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて