[F1]ピットストップ・グランプリ

第17戦を終了した時点でのピットストップ最速チームは、レッドブルとメルセデスとのこと。


メルセデスの公式データによると、レッドブルとメルセデスがピットレーンで最も速いチームだという。

今シーズンこれまで、マシンはピットを1013回訪れている。
そのうち25回はペナルティ(21回のドライブスルー、4回はストップ&ゴー)だった。
つまり、あと2戦を残した段階で2011年シーズンのピットストップ回数は988回である。

ピットストップが多かったのは、ハンガリーGPの85回、トルコでは80回、スペインでは77回だった。
ピットストップが少なかったのは、イタリアGPの35回、モナコの41回、シーズン開幕戦オーストラリアの44回だった。

8戦で最速だったレッドブルがランキング1位、7戦で最速だったメルセデスは惜しくも2位、マクラーレンが3位、フェラーリは5位だった。
(2011年F1最速ピットストップ・チームはレッドブルとメルセデス : F1通信より)

レースだけではなく、ピットストップでもレッドブルは最速ですかぁ。
すごいねぇ。

順位タイムチーム
1
00.0
レッドブル
1
00.0
メルセデスGP
3
+0.3
マクラーレン
4
+0.4
フォース・インディア
5
+0.5
フェラーリ
6
+0.9
ルノー
7
+1.1
ウィリアムズ
8
+1.3
チーム・ロータス
8
+1.3
ザウバー
8
+1.3
トロ・ロッソ
11
+1.6
ヴァージン
12
+3.2
HRT

となっています。
フォース・インディアが健闘してますねぇ。

2011年F1最速ピットストップ・チームはレッドブルとメルセデス : F1通信
ピットストップ・チャンピオンはレッドブル&メルセデスGP: FMotorsports F1

SAVE JAPAN 東日本大震災 義援金サイト | JS Style

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて