[F1]マクラーレン・ホンダの復活!?

マクラーレンがホンダとのエンジン契約を検討しているとのこと。

マクラーレンは2012年末にメルセデス・ベンツとの無料のF1エンジン契約が終了したあとの新しいエンジンパートナーを探しており、F1に新しいV6ターボエンジンが導入される2014年の提携候補にホンダが挙げられていると報道。
ホンダは2008年末にF1から撤退しているが、経営陣の承認が下りればエンジン供給元として技術的にいつでもF1に復帰できる用意ができているとホンダの幹部が鈴鹿で述べたとしている。
(マクラーレン、ホンダとのF1エンジン契約を検討との報道 【 F1-Gate.com 】より)
ではなぜ、マクラーレンがホンダを検討しているのかというと、
メルセデスは、2009年チャンピオンシップで優勝したブラウンチームを買収してメルセデスGPと改名したあと、マクラーレンの株式を売却した。
この契約によって、マクラーレンは2012年末までエンジンを無料で供給されることになり、その後は希望すれば年間約800万ユーロ(8億3,159万円*)の現行費用で、少なくとも2015年までは供給を保証されている。
(マクラーレン、ホンダとのエンジン契約を検討か : F1通信より)
メルセデスとのエンジン無償提供の契約が切れるのでってことでしょうけど、メルセデスへの牽制の意味もあるのかも。
現在はメルセデスGP、マクラーレン、フォース・インディアに供給していますが、トップの成績を残しているのはマクラーレンなわけです。
そのマクラーレンが他のエンジンを検討しているということにより、あわよくば、メルセデスの無償提供契約の延長を引き出そうとしてるのかもしれません。

まぁ、ホンダが復帰するのは嬉しいけど、撤退の時のゴタゴタがあったから素直に歓迎できないなぁ。。。

マクラーレン、ホンダとのF1エンジン契約を検討との報道 【 F1-Gate.com 】
マクラーレン、ホンダとのエンジン契約を検討か : F1通信

SAVE JAPAN 東日本大震災 義援金サイト | JS Style

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました