[WEC,LM24]プジョー、ル・マンから撤退

フランスのプジョーがスポーツカー耐久レースプログラムの終了を発表しました。
つまり、世界耐久選手権(WEC)からの即時撤退です。


プジョーは、スポーツカーレースにおいてアウディの最大のライバルであり、2007年からル・マン24時間や関連シリーズでディーゼル・エンジンを搭載する908プロトタイプを走らせてきた。

「この決定は、ヨーロッパの厳しい経済環境において下されました」とプジョーは声明で述べた。

「プジョーは、2012年に販売パフォーマンスにリソースを集中させることを選びました」

2009年のル・マンでの勝利は、プジョーの最大の成功であり、昨年は今年から世界耐久選手権(WEC)へとシリーズが移行するインターコンチネンタル・ル・マン・カップ(ILMC)でタイトルを獲得した。

スポーツカー耐久レースから撤退するという決定は、プジョー・グループの自動車販売の傾きによるものだが、アウディとプジョーとのバトルが期待されていたWECの発展にとっては大きな打撃となるだろう。
(プジョー、ル・マンから撤退 【 F1-Gate.com 】より)
深刻化が懸念されている欧州経済の煽りを受けた感じでしょうか。
他のメーカーも厳しい状況のハズなので、影響がなければいいのですが・・・。

満を持して開催されるWECにとっても痛手やろなぁ。
ここ数年の話題の中心はアウディとのタイトル争いだっただけに、撤退は非常に厳しいですねぇ。

これから、トヨタは2012年に数戦参戦し、ポルシェは2014年から参戦予定と盛り上がりつつあったのですが、水を差すことにならなければいいのですが。

WEC,LM24:プジョー、スポーツカーレースから撤退!: FMotorsports Kaigai
プジョー、ル・マンから撤退 【 F1-Gate.com 】

SAVE JAPAN 東北地方太平洋沖地震 義援金サイト | JS Style

コメント

このブログの人気の投稿

平成29年 的形 湊神社 秋季例大祭 その1

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて