水と塩で発電するLEDランタン

グリーンハウスは、水と塩で発電するLEDランタン「GH-LED10WBW」を発表しました。

乾電池や充電をすることなく使用でき、非常時やアウトドアでの使用に最適としている。
発売は9月中旬。
店頭想定価格は3980円になる。

マグネシウムの金属棒を装着し、マグネシウム(-)と炭素(+)の間に、電解液となる塩水を入れることでイオンが溶け出し、-から+に移動し電気が発生する仕組み。
水350ccに対し塩16gを目安としている。
金属棒1本で最長約120時間の使用ができるとのこと。
使用時は約8時間ごとに塩水を交換する必要があり、海水も使用できる。

本体と付属のUSBケーブルを使えばUSB機器への充電も可能。
(水と塩で発電するLEDランタン--USB機器への充電にも対応 - CNET Japanより)
価格もお手頃ですね。
非常用として常備しておけばいいかもしれません。
LEDを10灯とのことなので、かなり明るそうです。
USB機器への充電可能なので、そちらの用途としても重宝するかも。

海水も使用可能とのことなので、海でのレジャーでも活躍するかもしれんね。

別売で取り替え用のマグネシウム棒(店頭想定価格:980円)も用意されているようなので、購入を検討されている方は、一緒にいかがですか?

水と塩で発電するLEDランタン--USB機器への充電にも対応 - CNET Japan

グリーンハウス GREEN HOUSE | コンピュータ周辺機器
LEDランタン|GH-LED10WBW|GREEN HOUSE グリーンハウス

SAVE JAPAN 東日本大震災 義援金サイト | JS Style

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました