ニコンからAndroidコンデジ登場

ニコンからAndroid 2.3を搭載したコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S800c」が登場しました。
9月下旬発売予定で、予想実売価格は4万8000円前後と少々お高めです。


S800c は 3G にこそ対応していないものの、802.11b/g/n WiFi に対応しており、撮影した写真をそのままスマートフォン同様の感覚で編集したり、ソーシャルメディアに投稿できます。
ニコンが運営するフォトサービス my Picturetown 用アプリももちろん搭載。
スマートフォン間とのワイヤレス転送をサポートする専用アプリも iOS / Android 向けに提供予定です。

また、まともに Android 端末ですので YouTube などのアプリも一通り搭載し、カメラ背面に備えた3.5型・800x480解像度の有機ELタッチパネルでアプリを楽しむことも可能。
Google Play Store にもちゃんと対応しています。
ちなみに Android 2.3.3 で、プロセッサは Coretex-A9、RAM は 512MB。
(ニコン COOLPIX S800c 発表、Android 2.3 & WiFi 搭載デジカメ - Engadget Japaneseより)
この部分だけを見ると、デジカメの説明とは思えないですな(笑)
完全に電話機能のないスマホやね、

肝心のカメラの機能ですが、
GPS機能も内蔵しているので、撮影した画像の位置情報を記録可能。
ニコンの運営する写真共有・保存サービスのAndoroid向けアプリ「my Picturetown」を利用すれば、位置情報に基づいて「Googleマップ」に表示させることができる。

その他の主な仕様は、撮像素子が有効1,602万画素の1/2.3型CMOSセンサー(裏面照射型)、レンズが焦点距離25~250mm(35mmフィルム換算時)、開放F値がF3.5~F5.8、対応感度がISO125~ISO3200。
利用可能な記録メディアはSD/SDHCカードと内蔵メモリ(画像保存領域:約1.7GB、アプリケーション保存領域:約680MB)。
動画の最大記録画素数は1,920×1,080ドット/1080p。

バッテリーはリチウムイオン充電池で、CIPA準拠の撮影可能枚数は約140枚となっている。

サイズは約W111.4×D27.2×H60mm、重量はバッテリーとSDカードを含む状態で約184gだ。
(ニコン、アプリでカスタマイズ可能なAndroid・Wi-Fi対応「COOLPIX S800c」 | 家電 | マイナビニュースより)
バッテリが小さく、撮影枚数が心許ないのが気になるトコロですが、至って普通のコンデジですな。
Androidを搭載するのであれば、もう少し大きめのバッテリが必要だと思うのですけどね。

面白そうだとは思うけど、価格がちょっと高いですね。
この価格なら、撮影素子が大きい、いわゆる「高級コンデジ 」が購入できますね。
私なら迷わず、高級コンデジを購入しますね。

デジカメ上でAndroidのアプリを使って、画像にアレンジしたり、それをすぐにアップできたりというのはいいかもですね。
他のカメラメーカーがAndroidデジカメの流れにのってくるのかどうかですねぇ。

COOLPIX S800c | ニコンイメージング
http://journal.mycom.co.jp/news/2012/08/22/065/index.html


ニコン COOLPIX S800c 発表、Android 2.3 & WiFi 搭載デジカメ - Engadget Japanese
ニュース - ニコンがAndroidとWi-Fi搭載の新デジカメ、撮った写真を即共有:ITpro
ASCII.jp:Android端末としても使える! ニコンのコンパクトデジカメ
ニコンからAndroid搭載コンデジ「COOLPIX S800c」が発表 : ギズモード・ジャパン
ニコンがAndroid搭載でWi-Fiに対応したコンパクトデジカメ「COOLPIX S800c」発売 - GIGAZINE

SAVE JAPAN 東北地方太平洋沖地震 義援金サイト | JS Style

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました