2012年8月18日土曜日

29度以上の室温は法令違反になるらしい

暦の上では立秋を過ぎ、秋の気配が感じられるハズなんですけど、暑いモンは暑い。
職場でも節電モード全開なので、極力冷房を使わないって所もあるようですが、それが法令違反の可能性があるようです。
「事務所衛生基準規則」では、事業者は室温を「17度以上28度以下になるように努めなければならない」と明記。

罰則はないが、28度は熱中症を防ぐ上限の温度だとされている。

だが、空調がオフィスビルの消費電力に占める割合は5割近い。
厚労省は5月、「節電期間中は29度まで上げても致し方ない」との見解をまとめたが、企業からは「規則違反になるのでは」との問い合わせが続出した。

結局、同省は「違反」と認めた上で、
▽まずは28度とするよう努める
▽29度に引き上げる場合も熱中症予防策を講じる
――という対応が必要だとし、6月に経団連などの経済団体や全国の労働局に通知した。
(暑すぎる職場、法令違反?節電の落とし穴とは… : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)より)
罰則はないけど、違反になるようですね。
熱中症を防ぐ上限の温度が28度とのことですが、私の部屋は余裕で超えてるなぁ・・・。
まぁ、寝る前に水分は摂るようにはしていますけどね。

もし、会社の事務所がクソ暑い時は、エラいヒトに掛けあってみてはいかがでしょうか。

暑すぎる職場、法令違反?節電の落とし穴とは… : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

事務所衛生基準規則

立秋 - Wikipedia

SAVE JAPAN 東日本大震災 義援金サイト | JS Style

0 件のコメント: