[F1]ヴィタリー・ペトロフ、ルノーエンジンと一緒にロータス移籍?

2011年のシートを確定していないルノーのヴィタリー・ペトロフですが、ロータスに移籍するのではないか?とのこと。

多額のスポンサー資金を持ち込み、ルノーでF1デビューを果たしたペトロフ。
しかしルノーは、ペトロフを来季も残留させるか決めていない。

最近のレースではいいパフォーマンスを見せていたペトロフだが、ベルギーGPの予選では一度もタイムを計測することなくクラッシュしていた。

『Motorsport Aktuell(モータースポーツ・アクチュエル)』によると、ペトロフがロータスへ移籍する可能性もあるという。
今シーズンはコスワースエンジンを搭載しているロータスだが、来季はルノーエンジンを搭載するとのうわさがある。

ペトロフが離脱することで空席となるルノーのシートは、ティモ・グロック(ヴァージン)、ニック・ハイドフェルド、エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)のものになる可能性があるとされている。
(ビタリー・ペトロフ、ルノーエンジンとともにロータス移籍か | F1 TopNews)

ロータスは新規参入チームでは最高成績を挙げているものの、現行チームに追いつくまでには至っていません。
ルノーエンジンを獲得できるのであれば、大きなステップアップになりそうですねぇ。

また、これが本当であれば魅力的なルノーのシートが空となるわけです。
個人的にはニック・ハイドフェルドかティモ・グロックに良いマシン、良い体制下で走って欲しいなぁと思っています。

ビタリー・ペトロフ、ルノーエンジンとともにロータス移籍か | F1 TopNews
ペトロフ、2011年はルノーエンジン搭載のロータスへ移籍か : F1通信
ヴィタリー・ペトロフ、2011年はロータス・ルノーでドライブ? 【 F1-Gate.com 】

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました