宮屋台を見てきました その1

東之丁の完成式の後、浜の宮天満宮の宮屋台を見に行ってきました。
23日に入魂式が行われる予定でしたが、26日に順延となりました。

先代屋台は荒井神社の西畑に嫁入りしたとのこと。
平成23年に荒井神社に宮入りと予定しているとのことで、楽しみですね。

私が到着すると、公園でお昼休憩でした。
屋台の練り上げまで時間があったようなので、屋台を見学させて頂きました。


屋台紋は四面とも梅鉢紋。


総才端


狭間には仮狭間

梅鉢紋と「宮」が見えますね。

正角


伊達綱の取り付け方も特徴的です。


高欄掛がないのも特徴ですね。

練り棒は丸型です。

本棒には閂を取り付けるための穴が見えますね。

ちなみに閂はこのように取り付けられます。

台場差しを行うため、本棒より泥台は広く造られており、脚には角(つの)と呼ばれる突起があります。


我々湊神社の屋台とは印象が違いますねぇ。


その2に続きます。

試行錯誤のすぱいらる: 宮屋台なう

20100926-宮入魂式

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました