2014年8月29日金曜日

キティさん、カミングアウト

こ、これは・・・

【8月28日 AFP】日本発の世界的人気キャラクター「ハローキティ(Hello Kitty)」はネコではなかった!
――文具からパジャマまで、世界中で多くの製品に描かれているハローキティについてサンリオ(Sanrio)が28日、衝撃的なコメントをした。
ネット上には「でもキティには(ネコの)ひげがあるじゃないか!」などと反論があふれている。
サンリオのウェブサイトでも、ハローキティは「明るくて、優しい女の子」と紹介されている。
日本の「カワイイ」を研究テーマとしている米ハワイ大学(University of Hawaii)の人類学者クリスティン・ヤノ(Christine Yano)氏が米紙ロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)に語ったところによると、ハローキティの生誕40周年の記念展を開催するにあたって、ハローキティがネコであるとの確認をとろうと同氏がサンリオに問い合わせたところ、サンリオ側からきっぱりと「ハローキティはネコではない」と訂正されたという。
ヤノ氏は同紙に、サンリオの説明として
「ハローキティはネコではなく、アニメのキャラクター。
ハローキティは小さな女の子で、お友達でもあるけどネコではありません。
四つんばいの姿を描かれたことは一度もない。
二足歩行する生き物のように歩いたり座ったりするんです」
と語っている。(c)AFP/Harumi OZAWA
(「ハローキティはネコじゃない」、サンリオがコメント 写真1枚 国際ニュース:AFPBB Newsより)
衝撃の事実やなぁ(棒読み)
ネット上では「こいつ、ネコかぶってたのか!」
と悲嘆にくれる意見が(笑)
その仕事っぷりから、尊敬の念を込めて「キティさん」と呼ばれてたりしますが、
日本では著名なキャラクターであり、キティグッズが存在しない商品ジャンルを探すことの方が難しいとも言える。
(文房具を中心として食品、パソコンから自動車及びカー用品[5]まで、日常生活のほぼ全領域に渡る。)
日本国外でも、国によっては多岐に渡るキティグッズが販売されているところもある。
例えばミラノのブランドショップ街には、建物の2階フロアまるごとを占める、アクセサリーだけでなく日用品も含めたキティグッズ専門店が存在するという。
ただし、サンリオは酒・タバコ・殺傷用具製品にはライセンスをしない方針をとっているため、この2種に関連する製品(キティウィスキー、キティタバコなど)は存在しない。
例外としてソフトリカー(ワイン程度まで。ビールにはない)や喫煙具(ライターやパイプ本体など)のみ許諾が行われることがあり、キティワイン、ジッポーライター(誕生30周年の2004年に限定品として発売)は実在する。
また、ワイン(ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー)が存在し、日本国内限定販売品である。
ワインの輸入代理店は、伊藤ハム。ワインの中身は2005年現在トゥール・ダルジャン。
(ハローキティ - Wikipediaより)
なるほどなぁ。
旅行先とかで、「キティさん、っパネェっす」って思うくらいお姿をお見かけしますなぁ。。。

痛いニュース(ノ∀`) : 「ハローキティはネコじゃない」 サンリオが明かした驚愕の事実に全世界が震撼 - ライブドアブログ
ハローキティ | キャラクター | サンリオ

ハローキティ - Wikipedia
「ハローキティはネコじゃない」、サンリオがコメント 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

0 件のコメント: