荒井神社の国恩祭に行って来ました

旧加古郡、印南郡で行われてます国恩祭の旧加古郡の輪番である荒井神社に行って来ました。
屋台の練り出しは行われなかったのですが、仁輪加太鼓が披露されました。
仁輪加とは、
「にわかに仕組んだ劇」という意味で、毎年異なる表題、それに伴う造りもの、舞子、乗子、担ぎ手の地歌、三味線の伴奏に寸劇を演じつつ、氏宮を発して氏地内各町を披露して廻ります。
正に荒井の里の詩歌であり、荒井神社秋祭りにおける郷土芸能であります。
(■■郷土芸能・播州仁輪加■■より)



サンテレビでは見たことがあるのですが、実際に見させて頂いたのは初めてです。

「にわかに仕組んだ劇」ということですが、すべてにおいてよく出来ていますねぇ。
舞子、乗子のお子さんも素晴らしかったです。

結局、蔵入れまで見てしまいました(笑)

荒井神社の氏子のみなさん、お疲れ様でした。
来年の国恩祭の加古輪番は国安天満神社(稲美町)となっています。

■■郷土芸能・播州仁輪加■■

荒井神社 国恩祭 - ぬる~い♨32改 - Yahoo!ブログ
春。祭り三昧 - 福泊港ブログ - Yahoo!ブログ

国恩祭 - Wikipedia
20130429-荒井神社 国恩祭
SAVE JAPAN 東日本大震災 義援金サイト | JS Style

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

赤穂 塩屋荒神社の祭礼に行ってきました その1