2013年1月16日水曜日

2013年のF1マシン

毎年のことで神経が麻痺してますが、F1のレギュレーションは毎年改定されるので、わけわからんことになりますが、どこが変わるのかを図解している記事がありました。

2013年のF1規約には、小さいが重要な変更がいくつかある。
この図は、新マシンに関するFIA技術要件の重要な改訂を示している…
  1. 重量
    ピレリが2013年タイヤ構造を変更したため、セットあたりの重量が2012年よりも約2㎏重くなった。
    それゆえ、マシンの最低重量制限が同じだけ引き上げられ、640㎏から642㎏になった。
    その結果、重量配分の要件も、フロント対リアの最低重量が292㎏対343㎏に変更された。
    チームは7㎏を自由に配分できる。
  2. 段差ノーズ
    (多くの人々が魅力的ではないと考えた)マシンのノーズ段差を隠すため、チームは、その部分に非構造的な「化粧パネル」を設置することができるが、その形状は規約によって厳しく管理される。
  3. フロント・ウィングのテスト
    フロント・ウィングのたわみを防止するため、たわみテストが厳しくなる。
    縦軸および横軸のそれぞれ2ヶ所に1,000N(100㎏)の負荷がかけられる。
    ウィングのたわみは、20㎜から10㎜まで引き下げられた。
  4. 負荷テストおよびクラッシュ・テスト
    ロール構造の負荷テストが厳しくなり、クラッシュ・テストの要件が改訂された。
  5. サバイバル・セル
    サバイバル・セルの側面負荷テストも厳しくなり、1台のシャシーだけではなくチームが製造した全シャシーについて適用されなければならない。  
  6. DRS
    DRS活性化機構を他の目的で使用する能動的「ダブルDRS」システムは禁止される(受動的ソリューションのみ合法とみなされる)。
    また、DRSの使用は、全セッションでDRSゾーンのみに限定される(これまでは、フリー走行と予選中はどこでも使用できた)
(ひと目でわかる2013年F1技術規約の変更 : F1通信より)
見た目はほぼ変わらないけど、悪評高い段差ノーズが姿を消します。
あとは概ね一緒やね。
レースでいうと、予選時のDRS使用が規制されるようです。

月末から2月月初にかけてマシンが発表されていきます。
楽しみな季節やなぁ。

ひと目でわかる2013年F1技術規約の変更 : F1通信
2013年 F1レギュレーション 変更点 【 F1-Gate.com 】

Formula 1® - The Official F1® Website

SAVE JAPAN 東日本大震災 義援金サイト | JS Style

0 件のコメント: