スマートカメラ?

サムスンより面白げなモノが発表されました。


Galaxy Note II やWindows 全域カバーな ATIV ファミリなど多数の新製品が披露されたサムスン IFA 2012 イベントですが、ある意味もっとも度肝を抜いたのはこのGALAXY Camera かもしれません。

サムスン EK-CG100 『GALAXY Camera』 は、名前から想像できるとおりのAndroid採用カメラ製品。

AndroidをカメラOSのベースにしたり、素のAndroidをカメラに載せた例は従来にもありましたが、GALAXYカメラ (GALAカメ?) はモニタ側のほぼ全面が4.8インチ1280 x 720p の高精細マルチタッチ液晶だったり、高速なクアッドコアプロセッサを採用したり、WiFi だけでなく3G / 4G データ通信機能を内蔵してSIMスロットがあるなど、仕様がいちいちただごとではありません。
Androidのバージョンは最新版 Android 4.1 Jelly Bean。
GoogleのNexus 製品も担当したサムスンらしいところです。
(サムスン Galaxy カメラ発表。Android 4.1搭載で光学21倍ズーム、WiFi / 4G対応 - Engadget Japaneseより)
Android搭載デジカメはニコンからも発売(COOLPIX S800c)されるようですが、こちらの方が突き抜けてるなぁ(笑)
単体でデータ通信可能なトコロが優れてるかも。
35mm換算で23mmから480mmまでの光学21倍ズームレンズ、裏面照射型16MピクセルCMOSセンサ、ポップアップするフラッシュなど。
シャッターや望遠/広角ズームダイヤルなどは、一般的なカメラと同じハードキーを搭載します。
(サムスン Galaxy カメラ発表。Android 4.1搭載で光学21倍ズーム、WiFi / 4G対応 - Engadget Japaneseより)
カメラの部分も普通のコンデジの機能をそつなく抑えてるようです。
また、さまざまなカメラモードや特殊な効果に対応する撮影アプリや、多数の画像編集アプリ、自動クラウドバックアップアプリなどが組み込まれていて、Androidであることの利点を遺憾なく発揮してるとのこと。

発売時期や価格、発売地域などは未発表ですが、なかなか面白げですよね。
ニコンのより、こっちの方がワクワクするなぁ。

日本のメーカーもこういう突き抜けたモノを創ってほしいなぁ。
売れるかどうかはわからんけどね(笑)

サムスン Galaxy カメラ発表。Android 4.1搭載で光学21倍ズーム、WiFi / 4G対応 - Engadget Japanese
Samsung、Android 4.1搭載デジカメ「GALAXY Camera」を発表 - ITmedia ニュース

試行錯誤のすぱいらる: ニコンからAndroidコンデジ登場

SAVE JAPAN 東北地方太平洋沖地震 義援金サイト | JS Style

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました