2011年9月20日火曜日

[F1]2012年の予選タイヤ投入は見送り

再び脚光を浴びる形になった予選用タイヤですが、2012年の投入は見送られたようです。


2012年のF1で予選専用タイヤを供給することはない。
ピレリのポール・ヘンベリーはこう断言している。

ピレリのF1部門を率いるヘンベリーは1カ月前、耐久性を度外視して最大限のグリップ力を発揮できる予選用タイヤを開発することを検討していると発言した。

ヘンベリーは先月に「最終的には、決断はチームと共にするものだ。彼らはノーと言うだろう」と述べている。

しかし15日(木)に『Twitter(ツイッター)』上で予選用タイヤについて問われたヘンベリーは「2012年に投入することはない」とコメントした。
(2012年の予選タイヤ投入はなし | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1より)

ということで、Qタイヤが復活するなら2013年以降になるということです。

ちょっと残念な気持ちもあるけど、完全に立ち消えになったわけではないようです。
ピレリには今後もイロイロな案を投げかけていってほしいですね。

2012年F1、予選用タイヤ導入は見送り | F1トップニュース | 2011年F1ニュースLive速報 | TopNews.JP
2012年の予選タイヤ投入はなし | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1

SAVE JAPAN 東日本大震災 義援金サイト | JS Style

0 件のコメント: