2011年8月17日水曜日

[F1]コスワースは生き残れるのか

現在3チームにエンジン供給を行っているコスワースですが、再び撤退のウワサが流れているようです。


2009年、ヒスパニア(現HRT)、ヴァージン、そしてロータスらの新規参戦を促すべく、バーニー・エクレストン氏の肝煎りでF1復帰した形のコスワースだが、力不足のこれら3チームに過度の期待はできず、ひとえにウィリアムズ・チームの活躍に成果は掛かっていたと言える。

しかしロータスが昨年で、頼りのウィリアムズも今年限りでルノーへとスイッチ。

さらに2014年からの導入が決まった新しい「1.6リッターV型6気筒ターボ」の開発も考えると、撤退チームから違約金は支払われるとみられるが、それでも弱小2チームだけへの供給では資金不足は明らか。

2014年の開幕戦で、果たしてコスワース・エンジンを搭載したマシンがグリッドに並ぶのか注目だ。
(コスワース・エンジン、再びF1撤退の危機?: FMotorsports F1より)

ちょっと厳しい状況ですなぁ・・・。

HRT、ヴァージン以外のチームが現在搭載しているエンジンからコスワースへのスイッチってのは考えにくいですねぇ。
更に2014年に照準をあわせて「P.U.R.E」社も準備を整えているようですし。

コスワースがこの先生きのこるには

  • どこかのメーカーが撤退
  • 独立系チームが大赤字に転落して、コスワース以外の選択肢がなくなる
  • すごく魅力的なパッケージングのエンジンを提供する

しかないけど、いずれも望み薄やねぇ。

やはり、どっかのメーカー(VWあたり?)に買収してもらうってのが現実的なのかもなぁ。

コスワース・エンジン、再びF1撤退の危機?: FMotorsports F1

SAVE JAPAN 東北地方太平洋沖地震 義援金サイト | JS Style

0 件のコメント: