[F1]2012年のトルコGPの行方

2012年のF1カレンダーから漏れたトルコGPですが、スケジュールに残るための交渉は継続してるようです。

テキサス州オースティンが2012年のレースに加わり、カレンダーを20戦に維持する圧力が高まっているため、ハンガリーGP週末中にエクレストンが明らかにした最新カレンダーからはトルコが除外されていた。

トルコの現在のF1契約は2011年末に終了し、サーキット幹部は今年、契約延長に同意しなかったと見られている。
そのため、トラックのオーナーには解決策を見出すよう圧力が高まっている。
イスタンブール・パークはグランプリ週末以外ほとんど使用されていない。

噂にもかかわらず、イスタンブール商工会議所中小企業部フェル・グンドギャン部長は、何の結論も出ておらず、サーキットは2012年の猶予を与えられることを期待していると主張している。
(F1トルコGP幹部、2012年のF1カレンダー復帰を期待 : F1通信より)

確かトルコ政府は倍の開催料(1,300万ドルから2,600万ドル)を要求されたため、2012年の開催を見送ったと発表してましたね。

ただ、この記事によると、2012年の開催に向けての交渉は継続されてるとのこと。
イスタンブール商工会議所がどれくらいの力を持っているのか、この部長さんがどれくらいの権限をもっているのかがさっぱりわからないので、鵜呑みにはできないですけどね。

ただ、トルコGPの観客動員の伸び悩みは深刻なようで、莫大な費用の割に、経済効果は思ったほどではなかったようなので、今以上に金をかけても効果なしという判断がくだされたんだと思います。

にしても、グランプリを開催しすぎやろって思うのは私だけですかね。
以前から言ってる通り、私は年間20戦も必要ないと思っています。
年間18戦くらいが一番いいと思うんですけどね。

F1トルコGP、2012年の開催に望み 【 F1-Gate.com 】
F1トルコGP幹部、2012年のF1カレンダー復帰を期待 : F1通信
トルコGP、2012年の継続開催熱望: FMotorsports F1

SAVE JAPAN 東北地方太平洋沖地震 義援金サイト | JS Style

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました