Samsung Series 5 Chromebookのレビュー

世界初のChrome OS搭載パソコン「Samsung Series 5 Chromebook」のレビューがギズモード・ジャパンに掲載されています。
ちょっと辛口評価のようですね。


サムスンは、あくまでも世界初のChrome OS搭載のSamsung Series 5 Chromebookはネットブックなんかじゃないと言い張ってはいるのですけど、ただ実際に速攻レビューを目的に使い倒してみた米GIZMODO編集チームの正直な感想は、やっぱり日々のハードなビジネスユースにも耐え得るノートPCと評するには程遠く、ネットブックの新たな選択肢が現われたかなってレベルではないかという厳しい意見が目立ちました。
まぁ、その原因はハードウェアスペックのみならず、搭載しているChrome OSそのもののパフォーマンスや仕上がり具合によるところも大きいのかもしれませんけどね...
(とうとう発売されたChrome OSを搭載する世界初のノートPCを速攻レビュー! 日本発売までにはリクエストポイントも... : ギズモード・ジャパンより)

まだ発進したばかりだから仕方ないかもしれないけど、ちょっと残念な感じやなぁ。
スペックはそこそこのはずなんですけどね。

プロセッサーにはデュアルコアで1.66GHz駆動の「Atom N570」を採用しており、メインメモリーも2GBと、サクサク動作のChrome OSには余裕のスペックにも見えなくもないんですけど、ウェブベースでバリバリと使えるパソコンを目指すのであれば、もうちょっと性能アップを望みたいですよね。
ハードウェアデザイン的には、決して超薄型や超小型サイズというわけでもなく、まずまずのサイズのノートPCだって重さや大きさに仕上がってますから、だったらもっとパフォーマンス面でのパワーアップを期待したいというところでしょうか。
(とうとう発売されたChrome OSを搭載する世界初のノートPCを速攻レビュー! 日本発売までにはリクエストポイントも... : ギズモード・ジャパンより)

日本円にして3万円台なので、高望みはできないでしょうけどね。
まだまだ発展途上のOSだと思うので、これからチューンナップが進んでいけばいいなぁと思っています。

にしても、現時点で10秒で起動するというのは魅力的ですねぇ。
日本での発売時期は未定ですが、発売されたらEee PCの次のモバイルPCとして購入するかもしれませんねぇ。

ちなみに、「Acer Cromia AC700 Chromebook」も登場する予定です。
そちらも楽しみやなぁ。

とうとう発売されたChrome OSを搭載する世界初のノートPCを速攻レビュー! 日本発売までにはリクエストポイントも... : ギズモード・ジャパン

SAVE JAPAN 東日本大震災 義援金サイト | JS Style

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました