[F1]2013年エンジンルール変更は波乱含み

2013年に予定されている、エンジンルール変更を巡る駆け引きが本格的に始まったようです。
8気筒、2400ccの自然吸気エンジン(N.A)から、4気筒、1600ccでターボチャージャーエンジンへの変更が予定されています。
この導入時期について、意見が分かれているようです。
世界モータースポーツ評議会後、FIAは2013年の新エンジン規約について投資家と相談し、6月末に規約の導入時期について再検討を行うと発表した。

ジャン・トッドは、状況にフラストレーションを感じていると Diario Sport に述べた。

「レギュレーションを提案したのは彼らで、FIAはそれを受け入れた」
とジャン・トッドはコメント。

「提案は空から降ってきたのではない。
我々は関連する代表全員と11回のミーティングを行った」

「ルノーの首脳陣と話した際、彼らは新しいエンジンが2013年に実現しなければF1を去ると述べた。
メルセデスやフェラーリは数年延期するよう頼んできた」

「彼らはルールに反対しているのではなく、延期を望んでいるのだ。
なので今後数日にわたり、状況を確認するために個人的に連絡をとっていくつもりだ」
(ルノー、2013年のエンジン規約延期ならF1撤退と警告 【 F1-Gate.com 】より)
現在、F1にエンジンを供給しているのは、ルノー、メルセデス、フェラーリとコスワースの4社。
その内、メルセデスとフェラーリは導入延期、ルノーは延期不可という立場をとっています。
今のところコスワースの動きは不明です。

予想通り一筋縄では行かないようですなぁ。

エンジンに関する別の動きとしては、新規参入を検討している「PURE」(元B.A.R代表のクレイグ・ポロック氏が設立)がすでに新エンジンの設計に着手してるとのこと。

いろいろな動きが交錯しているなぁ。
可能性としては
  1. 2013年から完全ターボ化

  2. 2~3年後に延期(2014年以降?)

  3. ターボとNAの混走(1~2年程度)を経て、完全ターボ化
と、いう感じでしょうか。
3のパターンは1989年のターボエンジン廃止の逆パターンやね。

でも、どのパターンでも一悶着あるやろなぁ。
下手すると、「分裂騒動」ってなことに発展するかもしれないので、すっきりと決めてほしいところです。

ルノー、2013年のエンジン規約延期ならF1撤退と警告 【 F1-Gate.com 】
2013年F1エンジン規約をめぐる攻防 : F1通信
ルノー、エンジンルールの変更延期を認めず | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1

2013年エンジン供給を目指す『PURE』が計画を発表 | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1

SAVE JAPAN 東北地方太平洋沖地震 義援金サイト | JS Style

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました