[F1]2010年の賞金総額は?

2010年シーズンのF1の賞金総額が明らかになりました。

2010年にF1の12チームが分け合った賞金総額は6億5,800万ドル(約561億1,500万円)で、前年比21%増だったことが分かった。
数字はフォーミュラ・ワン・アドミニストレーション(FOA)の報告書により明らかになったもの。

一方、FOAの総売上高は前年より1,900万ドル増えて10億8,200万ドル(922億7,400万円)だった。
カレンダーに韓国とカナダが追加されたことが、他の経済的要因を補った格好だ。

さらにF1最高役員であると考えられるバーニー・エクレストンの報酬は21%上昇して800万ドル(6億8,000万円)近いと考えられている。
(昨年のチーム配分は総額561億円 | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1より)

F1業界はそれなりに好況のようですねぇ。
これを見てると、グランプリ開催数が増加するのは"やむなし"やね。
#個人的には16戦あたりがベストだと思っています

コンストラクターへの賞金は売上の約60%なので、以前に比べると納得出来る比率ではないでしょうか。
昔はもっと配分が低かったような(オープンになってなかったので不明やけど)

これだけの賞金があっても、F1コンストラクターとして黒字のまま運用のは数チームだけとのことです。
ましては小規模コンストラクターは自転車操業にならざるを得ないのは今も昔も変わらないです。

F1ってのはほんまにカネがかかりますねぇ。

F1チーム、2010年賞金総額は561億円 : F1通信
F1、2010年の賞金総額は561億円 【 F1-Gate.com 】
F1の賞金総額は? | F1 TopNews.JP | F1 Live速報2011 トップニュース
昨年のチーム配分は総額561億円 | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1

SAVE JAPAN 東北地方太平洋沖地震 義援金サイト | JS Style

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました