[F1]FIAテクニカルアドバイザーがハイノーズ禁止を提言

近い将来のF1マシンが先祖帰りするかもしれません。
FIAのテクニカルアドバイザーであるアンディ・メラー氏がフロント部分のハイノーズ禁止を提言したとのこと。

昨年のヨーロッパGP(バレンシア)でマーク・ウェバー(レッドブル)が宙に舞ったアクシデントを例に挙げ、こうしたケースの場合には低いフロントノーズのほうがより抵抗力が強いと指摘した。

同氏は
「こうした前車のリヤタイヤに後続車のフロントノーズが接触するというアクシデントのケースでは、後続車のノーズがより低いほうが事故を避けられるのが明らかだ。
従って、この部分のレギュレーションを変更しさえすれば同じような事故は根絶できると確信している」
と、説明した。
(FIAのアドバイザー、F1マシンの「ハイノーズ禁止」を提言: FMotorsports F1より)

ただ、ハイノーズの全面禁止というわけではなく、

リア・ホイールと衝突した場合にノーズが低くなるようフロント・ウィングの設計を変更することが提案されている。
(F1、ハイノーズ禁止か : F1通信より)

とういうことらしいです。
ハイノーズに先鞭をつけたのが、中嶋悟、ジャン・アレジが駆ったティレル019(1990年)ですが、その頃の時代のような高さに戻るんでしょうかねぇ。


間違えた(汗)



また、ナイジェル・マンセル、リカルド・パトレーゼが駆ったウィリアムズFW14(1991年,1992年)も控えめなハイノーズまでもどるのか。

楽しみでもあり、恐ろしくもあり。
微妙な感じやねぇ

FIAのアドバイザー、F1マシンの「ハイノーズ禁止」を提言: FMotorsports F1
F1、ハイノーズ禁止か : F1通信

ティレル・019 - Wikipedia
ウィリアムズ・FW14 - Wikipedia

SAVE JAPAN 東北地方太平洋沖地震 義援金サイト | JS Style

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました